RESTA

忘年会、新年会などの飲み会で、太らないための方法とは

公開日:2016/12/01 最終更新日:2018/03/16 resta編集部

年末が近づいてきましたね。年末年始と言えば、忘年会・新年会などで外食の機会も増え、冬太りなんて言葉もあるくらい、冬はもともと太りやすいシーズンで冬の寒さも相まって脂肪が増えやすい時。

そんな冬太り対策を兼ねて、せめて体重をキープするために役立つ方法をお伝えしちゃいます。
ぜひ実践してみてくださいね!

飲み会で飲むお酒に気を付けるべし

最近は「アルコールハラスメント」略して「アルハラ」の概念も浸透してきて、そこまで無理やりお酒を飲まされるなんて場面は少なくなりましたが、そうはいってもやはりお酒が好きなら、ダイエット中でもほろ酔い気分くらいは味わいたいもの。

ダイエットにはアルコールは正直なところ避けたい飲み物ですが、飲むお酒の種類とスピード、そして量を調整することで体重増加を防止することも可能です。がんばって忘年会・新年会シーズンを乗り切りましょう!

飲んでもいいお酒、避けた方がいいお酒

「アルコールは燃焼するから太らない」・・・そんなことはありません!嬉しくないことにちゃんと体脂肪の元になります。さらに、アルコールによる食欲増進効果で食べる方にもついつい手が伸び・・・なんてことも。
本当はお酒を飲まないに越したことはありませんが、中でも「まだマシ」なのが、辛口のお酒。ワインなら辛口かやや辛口、あとは焼酎や日本酒などの蒸留酒が良いでしょう。

甘口の方が口当たりが良く飲みやすいかもしれませんが、甘い=糖度が高いということ。ダイエットに特に不向きなのが甘いお酒です。ジュースで割った甘いチューハイやカクテルは論外。ですが、お店によってはそんなにお酒の種類がないこともありますよね。その場合は”アルコール度数が高いものほど高カロリー”ということを念頭に置いてお酒を選ぶのもポイントです。アルコール度数の高いものはなるべく薄く割りましょう。量はほどほどに。

ちなみに、最初の乾杯につきもののビール。こちらはは中ジョッキ1杯で約200キロカロリー、これはご飯1膳と大体同じカロリーで、やはりダイエットには不向きなお酒。せめて乾杯の1杯までにとどめましょう。糖質ゼロビールがメニューにあるようならそちらを優先してみるのも手かもしれません。

ダイエット中に役立つ!太るお酒と太らないお酒ランキング

お酒の飲み方で注意すべきこと

ついごくごく飲んじゃうお酒。でもちょっと待ってください。
お酒を飲むスピードが速いと、含まれる糖分で血糖値が急激に上昇して太りやすくなるだけでなく、肝臓にも負担がかかります。そのため、お酒をグイッと行きたい気持ちがあったとしても、ちょっと控えてじっくりとチビチビ飲みましょう。

そして、できれば1杯おきにウーロン茶や緑茶など利尿作用に優れたお茶を挟んでください。肝臓のためだけでなく、翌日のむくみを防いでくれます。本当は最初のお付き合いの1杯をあけたらずっとお茶でもいいくらいです・・・

飲むだけで痩せる?お茶でダイエット

最後に「年末年始は毎日のように何かしら飲み会が」という人気者のアナタにお伝えしたいことがあります。
付き合いが広いのはとっても素敵なことですが、ダイエットだけでなく美容と健康のためにも「1日飲んだら翌日は飲まない」などせめて1日おきに休肝日を設けてください。
仮にお断りできない予定でも休肝日と定めた日はノンアルコールビールやジュースで乗り切ってみて。「明日は飲める」と思えば頑張れるはず・・・?

ダイエット中のノンカロリー飲料の飲み方


飲み会のカロリーオーバーに注意!

お酒の次はおつまみ。お酒が入るとつい食べすぎちゃって・・・ということがあるかと思いますが、年始のバタバタを越えた後に後悔しないように、できる限り頑張ってみましょう。

飲み会の前にある程度カロリーセーブしておく

そう、飲み会だけセーブしようと思っても、コース料理などになっている場合はおつまみのセレクトが難しいこともあります。そのためいっそ飲み会の数日前、最悪当日~翌日のカロリーをセーブすることによって飲み会のカロリーを調整しましょう。もちろん断食などではなくあくまで食べる量とカロリーのセーブです。

ダイエットドリンクを利用してみるのもアリかも。また、ここで控えたからと言って飲み会でドカ食いしてしまっては元も子もないので、そこは自分の食べ癖と相談してみてくださいね。お店があらかじめ分かっている場合は、「今日のお店は美味しいから食べる、明後日のお店はイマイチだから食べないようにする」などメリハリをつけるのもありですね。

食物繊維が豊富なおつまみをセレクト

飲み会の食事はどうしても塩分や脂分が多いものです。できるだけ吸収を防ぐためには、最初のうちに野菜やキノコ、海藻などを食べておきましょう。海藻類はわかめやモズク、めかぶなどがおススメです。野菜と言えばサラダを連想されるかもしれませんが、サラダはドレッシングが高カロリーの場合も。なるべくドレッシングのかかっているところをよけて食べて。

高たんぱく質なものを優先的に

おかずが食べたくなったら、豆腐、お刺身、焼き魚、焼き鳥など、なるべく加工されていない食材が使われているものを選んで。優先順位としては焼く>煮る>揚げるです。味付けが濃いものはなるべく避けてくださいね。

食べ順ダイエットの効果

積極的に動く

飲み会の種類にもよりますが、同じ席にじっとしていると手持無沙汰でつい食べてしまったりするものです。席をこまめに移動して、普段交流していない人とも話したりすることで場を凌ぎましょう。新たな仕事や出会いのチャンスにつながるかも?
また、鍋物など取り分ける料理は、自分が取り分ける役に回れば、自分に盛る量をセーブできるだけでなく、周りからも感謝されて一挙両得です。お酒も飲まされる前に注ぐ側に回ってみてはいかがでしょうか?

ちょっとしたことの積み重ねでも度重なれば大きいもの。全ては無理でも小ワザを駆使して、この忘年会・新年会が続く年末年始を冬太りせずに乗り切りましょう!

糖をブロックする人気のサプリメント

旬のオーガニックな野菜で食物繊維と栄養素を補おう

簡単に夕食の献立が決められてバランスのよい食事ができる

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決