RESTA

ゴールデンウィーク太りの原因と解消

公開日:2017/04/26 最終更新日:2018/05/07 小泉 カナリア

来たるゴールデンウィーク。
新緑が美しいこの季節に、あなたはどのように過ごされますか。
旅行?ドライブ?それともおうちでのんびり派?

とても楽しいイメージがある一方で、ゴールデンウィークのような長い連休に入ると、どうしても太ってしまうこと、ありませんか?

「今年こそはと気をつけていても、1、2kg増加してしまった・・・」
「連休が終わって日常生活に戻っても体重が落ちない!」

そのような人のために、今回はゴールデンウィーク太りの原因と予防法、そして解消法について解説させていただきます!

ゴールデンウィークを気兼ねなく思いっきり楽しむためにも、よかったら読んでみてくださいね♪

ゴールデンウィーク太りの原因

まずは、ゴールデンウィークなどの長い連休に太りやすい原因を洗い出してみましょう!

食べる回数が増える

長い連休では、旅行に行ったり親戚で集まったりと、人と食事する機会も増えますよね。

  • 普段は1日2食だけど、宿泊先の朝ごはんが美味しそうだから朝も食べよう!
  • おやつを食べる習慣がないけれど、珍しいご当地スィーツがあるからを食べちゃおう♪

といったように、普段よりも食べる回数が増えて、摂取カロリーが増加してしまうこともあります。

食べる量が増える

食べる回数が増えなくても、量が増えてしまうこともあります。
旅先やイベントなど、普段食べない食べ物を目の前にしてついたくさん食べてしまうのも、非日常空間に行ける連休ならではの罠。

例えば

  • ゴールデンウィークにぴったりのバーベキュー。普段はお昼軽く済ませているけれど、今日は美味しくて楽しいからついついお箸が進んじゃう!
  • フードイベントやフードフェス。お腹はいっぱいだけど、せっかくだからいろいろな種類のものを食べて帰ろう♪

といったように、いつもと違う食事をつい食べ過ぎてしまうことが、太る原因となる場合も。

旅行先などで便秘になる

普段は快便なのに、旅行に行くと便秘になってしまう人もいるのです。
それは次のような原因が考えられます。

普段と違う食生活や水分不足

普段よりも食べる量が増えたり、普段食べないもの食べて、消化・吸収が悪くなったり、緊張状態を招いて便秘になってしまうこともあるのです。
また遊びに夢中になったり、汗をかきすぎて、水分不足を招いて便を硬くしてしまうこともあります。

緊張やストレス

ワクワク楽しい旅行でも、非日常空間へ旅するのは緊張やストレスを感じるもの。
腸は心の状態と、とても深い関わりがあります。
緊張やストレスを感じると興奮して交感神経が優位になり、腸が便を前に進ませる蠕動(ぜんどう)運動が弱くなってしまい便秘引き起こす原因となるのです。

トイレにゆっくり行くタイミングがない

いつも同じ時間にトイレに行って排便している人は、旅行やイベント、起床時間の変化なので、そのペースが乱れる場合もあります。
トイレに行くタイミングを逃してしまい、気がつけば便秘に・・・ということも。

慢性的な便秘は、消化・吸収が悪く太りやすい体質を招きます。
慢性化しないよう、なるべく早いうちに解消しておくことが大切です。

ゴロゴロ過ごして消費カロリーが減る

普段からアクティブに生活している人が、家でゴロゴロ過ごすことで、消費カロリーが減ることもあります。
消費カロリーが減っているのにも関わらず、食べる量が変わらない、もしくは多くなると肥満を招く結果に。
通期や通学など何気ない日常生活の中でも、カロリーを消費しているということを忘れてはいけませんね。

スポーツジムやフィットネスクラブが混雑する

「ゴールデンウィーク ジム」と検索すると、「ゴールデンウィーク ジム 混雑」と表示されるほど、ゴールデンウィークのスポーツジムは人気!
普段スポーツジムでしっかり体を動かしている人は、あまりの混雑に思う存分運動ができなかったり、旅行などの予定があって行けなかったりしたことで、消費カロリーが減ってしまうこともあります。

【全額返金保証】60日間で肉体改造 パーソナルトレーニングジム
↓↓無料カウンセリングはこちら【24/7ワークアウト】↓↓

ゴールデンウィーク太り予防法

まずは、ゴールデンウィーク太りを最小限に抑えるために、心がけておきたいポイントをご紹介します。

アクティブな予定を入れる

ハイキングや山登りなど、アクティブな予定を入れてみてはいかがでしょうか。
つい食べ過ぎても、遊びの予定でカロリーをしっかり消化できれば、太ることはありませんよね!

ゴールデンウィークは、気候もほどよく新緑がとても美しい季節です。
夏休みや冬休みに比べて、自然と触れ合う散策がぴったりなので、歩きながら気持ちよく体を動かして連休太りを予防してみるのもよいでしょう。

食べる順番に気をつける

食べる回数や食べる量が増えてしまうのであれば、せめて食べる順番に気をつけたいところ。

血糖値が急上昇するとインシュリンが大量に分泌されて、そのインシュリンが血中に増えすぎた糖を体が脂肪として溜め込もうとします。
野菜やキノコなど食物繊維を多く含むものから食べて、血糖値を急上昇させないようにこころがけましょう。

食べ順ダイエットの効果

旅先でできるダイエットを取り入れる

旅行を楽しみながら楽しめるダイエットもあります。
例えば「炭酸泉のダイエット」。
炭酸泉に浸かることで、血行促進効果で代謝がアップし、さらに有酸素運動をしたような効果を得られます。
スーパー銭湯などの温浴施設や、炭酸泉が湧きだしている温泉などをお出かけ先に選んでみてはおいかがでしょうか。

ゴールデンウィーク太り解消法

「せっかくの連休だから、太ることを気にせず過ごしていたい!」そのような方には、太ってしまったときの解消法をご紹介します!

便秘を治す

ゴールデンウィークで便秘になってしまった場合は、早めに解消しておきましょう。
慢性的な便秘は、肥満を引き起こす原因となります。

食事法やエクササイズなど、腸の働きを高める方法を集約した腸活ダイエットの記事もありますので、便秘でお悩みの方は参考にしてみてください。

腸活ダイエットのやり方とその効果

白湯を飲んでデトックス

食べ過ぎで体が重く感じられる方や、飲み過ぎでむくみが気になる方には、白湯がおすすめ!

デトックス効果があり、体に溜まった老廃物を排出してくれます。
ゴールデンウィークで滞った体を白湯でリセットしましょう!

更に白湯にスパイスを追加したダイエット法もありますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

白湯とスパイスでデトックス

ウォーキングをはじめる

ゴールデンウィークを思いっきり楽しんだあとは、ウォーキングを始めてみるのもおすすめです!
季節柄とても外気が気持ちよく感じられるので、始めやすい時期でもあります。
激しい運動が苦手な方でも、比較的トライしやすいダイエットです。
ただし、紫外線は真夏並みに降り注いでします!しっかりUV対策をして行いましょう♪

ウォーキングの詳しい方法についてはこちらをご覧ください。

ウォーキングダイエットの効果

露出の多い夏に向けて、ここが踏ん張りどきです!
ゴールデンウィーク中に増加した体重が、一時的なものではなく自分の贅肉として定着してしまわないよう、予防法や解消法を取り入れて、早めに対処しておきましょう♪

無理なくスリムを目指す 青いデトックスティー

  • 青の花茶

    甘いものがやめられない、ダイエットが続かない、最近スッキリしない・・・そんな方におススメなのが「青の花茶」です。5種類のハーブがブレンドされ、オリエンタルブルーの水色が抑制効果や心を落ち着かせる色であり、「リラックス」と「ダイエット」両方の効果に期待できます。

糖をブロックする人気のサプリメント

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決