RESTA

春野菜や旬の食材でダイエット

公開日:2018/03/27 最終更新日:2018/05/11 leaf

新芽が芽吹き、桜の開花宣言を耳にすると、気分も浮き立ちワクワクしますよね。
ウールのコートをクリーニングに出し、薄手の春色ニットに着替えてみると・・・冬に蓄えた脂肪を身にまとった自分の姿に驚愕!!なんてことになっている人も少なくないはず。
でも実際は、冬は寒さから体を守るためにエネルギーを生み出し、脂肪を燃焼させる・・・つまり基礎代謝がアップすることで痩せやすい季節というのは【冬野菜や冬の食材を使ってダイエットに役立てよう】【冬におすすめのダイエット法】の記事でご説明しましたね。
冬の基礎代謝力が落ちないように、春に気を引き締めてダイエットしないと春太りするリスクがありますよ!
冬に身にまとったぜい肉、基礎代謝ダウンで春太り・・・とずるずる太ってしまわないよう、さっそく春野菜ダイエット始めましょう。

春の食材

春の食材というと、どんなものを思い浮かべられますか?
山菜のイメージから「苦み」や「あく」が強いイメージもあるかもしれませんね。
そんなひとくせありそうな春の食材ごとに成分と効能をまとめてみましたよ。

たけのこ

たけのこは掘ってすぐあく抜きしないとえぐみが出るなんていいますが、このえぐみ成分は「チロシン」といって、脳を活性化することで認知症予防効果があるのだとか。
それから、たけのこは食物繊維の量が豊富で整腸作用があります。
腸内環境を整えることでダイエットに効果的です。
また、代謝に重要なビタミンB2も含まれています。
ダイエット効果+脳の活性化というお得な野菜です。

春キャベツ

ビタミンC、ビタミンUなどが含まれています。
特にビタミンCは際立って多く含まれます。コラーゲンの生成を助ける作用があるので、美容効果が高い野菜といえます。
お肌を健やかにする効果があるので、春はしっかり補って冬の乾燥でかさついたお肌をいたわってあげましょう。

それから、ビタミンUは「キャベジン」といわれる成分です。胃薬の名前にもなっているビタミンです。
薬に用いられるほど胃腸の調子を整える効果が高いといわれています。栄養を代謝するには消化吸収機能が低下していては始まりません。
天然の胃薬として、しっかり取り入れることをおススメします。

グリーンアスパラガス

グリーンアスパラガスには、アミノ酸の一種である「アスパラギン酸」が含まれています。
アミノ酸は体に溜まった脂肪を、燃焼させやすくする作用があるだけでなく、リバウンドしにくい体質にする働きもあります。
カリウムも豊富で、利尿作用によるデトックス効果、新陳代謝を高める効果が期待できます。

菜の花

菜の花の栄養成分には、代謝に作用するビタミンB2、美白効果のあるビタミンC、カリウム、鉄といったミネラルも多く含まれています。
カリウムによって老廃物を体外に排出する効果があります。
鉄が多いことも特徴です。鉄不足だと顔色が青白くなりがちですがきちんと鉄を補うことで血色のいい健康的な顔色になるなどの女性にとって嬉しい効果もあります。
いわばダイエットと美容のダブルで嬉しい効果がある春野菜なのです。

ふきのとう

「カリウム」「アルカロイド」「ケンフェロール」「アルカロイド」という成分を含みます。
これらの成分は肝臓の働きを促進させつつ新陳代謝も良くします。
加えてむくみ改善、疲労回復効果もあります。
フキノリド」というふきのとうの香り成分は胃腸の働きを整え、消化を促進してくれる強い味方!
また、「フキノール酸」というポリフェノールは、花粉症予防効果も期待できるとのことです。
ほんの少しの間しか市場に出回らない旬の食材ふきのとうですが、是非取り入れたい食材ですね。

生わかめ

わかめには食物繊維の「アルギン酸」や「フコイダン」が豊富に含まれます。
アルギン酸やフコイダンといった水溶性食物繊維は、腸内のやせ菌である乳酸菌を増やし、ダイエットに働きかけます。
また、ダイエットのみならずアルギン酸は体内の過剰なナトリウム(塩)やコレステロール、糖質と結びついて体外に排出し、生活習慣病を防ぐ効果があります。

つくし

ポリフェノールの一種の「ツクシフラボノイド」という成分が含まれます。
抗がん作用、花粉症などアレルギー症状を抑える、アンチエイジング効果があります。
また、つくしはβ-カロテンを豊富に含むのも特徴です。
βカロテンは皮膚細胞の再生という効果もあります。つまりお肌のターンオーバーを促すということですね。

次にたんぱく性の食品をご紹介します。

さわら

さわらは質の良いたんぱく質を含む魚です。
アミノ酸のバランスを表すアミノ酸スコアが100というスペシャルフードです。
アミノ酸の効果については「アミノ酸ダイエットの効果」で詳細述べてあるので参考にしてください。
それから、さわらの脂質は、不飽和脂肪酸のDHAやEPAを含みます。
こちらのダイエット効果についての記事もあるので参考にしてくださいね。

ホタルイカ

ホタルイカは美容ビタミンのビタミンAとアンチエイジングビタミンのビタミンEがたくさん含まれています。
ビタミンAは、皮膚や粘膜の働きを良好にする効果があります。
ビタミンEは、抗酸化作用があるので活性酸素を除去するとともに、血流をよくする作用があります。
血流が良くなって冷え性が改善されると新陳代謝が活発になり、痩せやすい体質になります。
また「タウリン」も豊富で、このタウリンは代謝を司る肝細胞の再生を促進します。

こちらの記事も良かったら参照ください。
ダイエットと食物繊維の関係】【腸活ダイエットのやり方とその効果】【食物繊維の効果
たんぱく質(アミノ酸)について】【アミノ酸ダイエットの効果】【DHA・EPAのダイエット効果
腸内フローラ(腸内環境)を整えて痩せ菌を増やそう】【腸内の痩せ菌(善玉菌)を増やす菌や成分とは】【デブ菌、痩せ菌とは

おわりに

このように春野菜にはダイエットのサポートになる成分が豊富なことが分かりますね。
そもそも旬の食材は栄養価が高いので、その季節でしっかり取り入れたほうが良いに決まっているのです!
冬で代謝アップしている体をキープしつつ、新陳代謝のいい春に勢いつけるべく旬の春野菜でダイエット、さっそく始めてみましょう。

旬のオーガニックな野菜で食物繊維と栄養素を補おう

簡単に夕食の献立が決められてバランスのよい食事ができる

カット野菜宅配のイエコック(iecook)

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決