RESTA

代謝を上げる食べ方とおすすめのストレッチ&ツボ

公開日:2017/08/02 最終更新日:2018/02/16 小泉 カナリア

ダイエットの重要な鍵を握る「代謝」。
代謝を上げることで脂肪が燃えやすくなり、太りにくく痩せやすい体質を目指すことができます。

しかし、加齢や運動不足により、代謝は徐々に低下!
同じ食事をしていても、代謝が下がると太りやすくなってしまいます。

そこで今回は代謝を上げるための方法をたっぷり解説!
代謝を上げる食べ方やツボ、おすすめのストレッチなど、あらゆる方法をご紹介していきます。

ダイエットしてもなかなか痩せられない方、年齢を重ねて代謝の低下が気になっている方は、これらの方法を参考に、代謝をぐんとアップさせていきましょう!

代謝を上げる食べ方

代謝を上げるうえで、「食べ方」はとても大切。
次に挙げるポイントを意識して食事をして、代謝が上げて行きましょう。

栄養バランスのよい食事をとる

栄養バランスのよい食事は、代謝上げる食事の基本です。
栄養バランスが崩れてしまうと、筋肉量が低下して代謝が下がってしまうためです。

○○抜きダイエットや、○○だけダイエットなど、単品で行うダイエットは栄養バランスを崩しますので、ダイエット中の方は気をつけましょう。

中でも意識して摂取したい成分は次の通りです。

たんぱく質を意識して摂取

「たんぱく質」は筋肉のもととなる成分。
代謝を上げるにはとても大切な栄養素です。
野菜を中心としたヘルシーな食事に偏り、日本人の多くがたんぱく質不足だといわれています。

肉や魚、大豆製品を積極的に摂取して、筋肉を作り、代謝をアップさせましょう!

酵素を摂取

美容やダイエットに興味がある方はよく耳にするであろう「酵素」。
酵素もたんぱく質の一種で、体内に充分にあると代謝は高まります。

酵素は体内で生成されますが、加齢によって徐々に減少。
そのため、食べ物で摂取していくことが大切になってきます。

酵素は熱に弱いという性質があるため、生の野菜や果物などから多く摂取できます。
数年前からブームになっているグリーンスムージーや酵素ジュースなどは、酵素をたくさん摂取できるドリンク。
代謝をアップさせるためにも、摂取してみてはいかがでしょうか。

ビタミン類

代謝を上げるためには、ビタミン類も見逃せません。
ビタミンEは血流をアップさせて代謝をアップ!
ビタミンB群は、糖質や脂質の代謝を促進するために欠かせません。
お肌の調子を整えるだけでなく、代謝をアップさせるためにもビタミンをしっかり摂取していきましょう。

無農薬・減農薬・添加物不使用の安全な野菜が届く

  • 大地を守る会の野菜宅配を試してみました!

    オーガニック野菜の宅配のパイオニア「大地を守る会」は、徹底した管理体制のもと、安全でおいしい野菜を40年以上も食卓に届けています。今なら4,000円相当の野菜の(肉や卵、ウインナーなどの加工品もあり)お試しセットが半額で試せます。また、実際に食べてみた感想もたくさんの写真と一緒にご紹介しています。

朝食を食べる

朝食は、食べる人と食べない人に分かれますよね。
ダイエットにおいても、「食べた方が痩せる」という考えと、「食べない方が痩せる」という2通りの説があります。

しかし代謝を上げたい方は、朝食を食べるのをおすすめします。
理由は、体温
朝食を食べることで、体温が上がり代謝が活発になるためです。

また脳にもエネルギーが運ばれるため、集中力や記憶力がアップ!
仕事や勉強を効率よく進められるという効果も得られますよ♪

よく噛んで食べる

代謝をアップさせるための最も簡単な方法といえば、「咀嚼」!
「よく噛んで食べましょう」とは、昔からよく言われていることですが、代謝においても深い関係があります。

何度もよく噛んで食べることで、交感神経が刺激されて、食べることで消費されるエネルギー「食事誘導性熱産生」が高まるためです。

厚生労働省では、一口30回噛むことを推奨しています。
よく噛まないで食べる傾向がある方は、噛みごたえのあるもの取り入れるなどして、咀嚼回数を増やす癖をつけるようにしましょう。

よく噛むことで満腹中枢も刺激されて、食べ過ぎ防止にも繋がり、ダイエットにおいても効果的です。

夜遅い食事を控える

早い時間に夕飯を食べた方が、体にいいとはわかっているものの、多忙な現代では、食事が遅い時間になってしまう人も少なくないですよね。
しかし、代謝を上げるためには、やはり夜遅い食事はおすすめできません。

胃・肝臓・膵臓などの消化器官は、夕方くらいまでが活発に働く時間帯で、夜になると休息に入ります。
そのため、夜遅く食事をすると本来休ませるべき時間にフル稼働することになり、大きな負担に。すると消化に体内の酵素が使われてしまい、代謝に回らなくなってしまうのです。

代謝をアップさせるためには、できるだけ早い時間に夕食を済ませられるように心がけましょう。
どうしても夜遅い食事になってしまった場合は、消化の悪いインスタント食品などは避けて、できるだけ消化のよいものを食べるようにしましょう。

簡単に夕食の献立が決まる!

代謝を上げるツボ

「ツボ」を押すことで、代謝を上げることもできます。
押すだけなので、比較的簡単にできる方法!
食事の付き合いが多く、代謝を上げる食べ方がなかなか取り入れられないという方は、ツボ押しにトライしてみてはいかがでしょうか。

ただし、食後30分程度はツボ押しに適していない時間帯。この時間を避けて行うようにしましょう。
息をゆっくり吐きながら優しく押すのがポイントです。

気海(きかい)

おへそから指2本分下に位置する「気海」。
腸の血流をよくして働きを活性化することで、代謝を高めます。
気の流れがスムーズになり、元気になるツボとして知られています。

中脘(ちゅうかん)

「中脘」はおへそから指4本分上に位置するツボ。
胃腸の調子を整えて、腸の蠕動運動を促進することで、代謝を高めます。
脂肪燃焼効果もみられるツボです。

三陰交(さんいんこう)

内側のくるぶしから指4本分上に位置する「三陰交」。
体の冷えを改善し、代謝を高めます。

足三里(あしさんり)

足三里は、ヒザの外側にあるくぼみから指4本分下にツボです。
胃腸の働きを整えて、代謝を高めます。
足のむくみを解消する効果も。

曲池(きょくち)

ひじを曲げたときにできるしわの先端にあたる部分にある「曲池」。
腸の調子を整え、下痢や便秘を解消することで代謝アップに繋がります。
眼精疲労を和らげる効果もあるので、長時間のPC作業やスマートホンの使用で目が疲れている方にもおすすめです。

代謝を上げるストレッチ

ストレッチを行うのも代謝を上げる方法のひとつ。
可動域が広がり動きやすくなることで、代謝がアップします。
ここで、代謝が上がりやすくおすすめのストレッチを2つご紹介します。

肩甲骨ストレッチ

肩甲骨の周りについている褐色脂肪細胞を刺激することで、リンパの流れがよくなったり、代謝が上がりやすくなります。

  1. 両手で1本のタオルを肩幅より少し広いくらいの幅で、持ちます。
  2. 腕をまっすぐ伸ばして、頭の上に持ち上げて、バンザイの姿勢になります。
  3. 息を吐きながら、肩甲骨を寄せて、タオルを持った手を首のあたりまで下げます。
  4. 息を吸いながら、手を頭の上まで戻します。
  5. ※これを10回繰り返します。

脇腹ストレッチ

日本人に多い猫背では、脇腹が縮んでしまいます。
次のストレッチでしっかり伸ばして、可動域を広げていきましょう。

  1. 仰向けで寝そべり、両腕を左右に伸ばします。
  2. 右ひざを曲げて胸元につけます。
  3. 左手を右ひざに添え、息を吐きながら左方向に倒します。
  4. ※このとき、右側の腰が浮かないように注意しましょう。

  5. 目線は右側に向けて、20秒間キープします。
  6. 仰向けの姿勢に戻ります。
  7. ※逆側も同様に行います。

ダイエットと深い関係がある「代謝」。無理な食事制限によるダイエットは、心身ともに負担が大きい上に、栄養バランスを崩してリバウンドを招いてしまいます。

代謝が上がる食べ方、ツボ押し、ストレッチなどで、代謝を上げていくことがダイエット成功への近道♪食べたものを消費できる痩せやすい体を目指しましょう!

エステ並みのお手入れが自宅でできちゃう「ボニックプロ」

旬のオーガニックな野菜が届く!

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決