RESTA

炭酸泉のダイエット効果 ~温泉編~

公開日:2017/04/20 最終更新日:2018/05/07 resta編集部

ダイエットではもうおなじみの「炭酸水」。
最近は飲料としてだけでなく、美容院のシャンプーやヘッドスパなどのメニューやエステでも広く使われるようになってきました。

弱酸性の炭酸水は肌や髪にも良い効果をもたらすことが広く認知されてきているのです。
もともと、炭酸が温泉に溶け込んだ炭酸泉に入ることは、美容と健康にとても良い効果をもたらすと、おもにヨーロッパで伝統的な医療として広く親しまれてきた療養方法。

美容と健康に良いとなれば、ダイエットにも良い効果をもたらしそうですね。
今回はそんな炭酸泉のダイエット効果についてご紹介します。

炭酸泉とは?

炭酸泉は炭酸ガス(つまり二酸化炭素:CO2)が溶け込んだ水(お湯)のこと。
炭酸水につかると肌に細かな泡が付着することから「ラムネのお風呂」とも呼ばれることもあります。

炭酸泉の濃度を表す単位はppmがあり、日本の基準ではお湯1リットルあたりの炭酸ガス濃度が250ppm以上を「炭酸泉」と呼んでいます。

これは、お湯1リットルに0.25gの二酸化炭素が含まれているという意味です。
炭酸ガスの濃度が高いほど良い効果が見込めるといわれ、なかでも1,000ppm以上のものは高濃度炭酸泉と呼ばれています。

ミネラルウォーターにもガス入りの炭酸水があるように、炭酸の温泉(=炭酸泉)も世界中に古くから存在しています。
特にヨーロッパでは古来から炭酸泉につかることが伝統的医療として人々に広く親しまれおり、ドイツの「バーデンバーデン」をはじめ非常にメジャーな保養地がいくつもあります。

日本の温泉にも炭酸泉はありますが、炭酸ガスは高温のお湯に溶けにくい性質を持っているため、火山の多く泉温の高い温泉が多い日本では、高濃度に炭酸ガスを含んだ天然の炭酸泉は非常にまれで、国内に3000以上もある温泉全体の0.5%程度と言われています。。

炭酸泉の温度は38~40℃とぬるめ。しかし、炭酸ガスには肌の表面にくっついて血行を促進させる作用があるため、実際の湯温より約2~3℃温かく感じられるうえ、長くつかることができるという利点があります。

炭酸泉のダイエット効果

炭酸泉には、以下のような効果があり、各方面において広く活用されています。
もちろんこれらから見込まれるダイエット効果も期待できそうです。

血行促進

炭酸泉につかることにより、お湯に溶け込んだ炭酸ガス(二酸化炭素)が毛細血管から血管内に入ってきます。二酸化炭素が入った血管には酸素を運ぶ必要があるため、炭酸ガスが初めに吸収される毛細血管に向かって血流が促進されます。

結果的に身体全体の血行が良くなり、体温が上昇、さらには血流によって体内にたまった老廃物もデトックスする効果があります。

毛細血管は血流が悪くなって血液が運ばれなくなると、どんどんやせ細って減少していくことが知られています。
血流が悪くなりますと、身体のすみずみまで栄養が運ばれないばかりか、不要な老廃物が回収されずに溜まっていき、疲れやすくなってしまうのです。

炭酸泉につかることで、毛細血管が活性化し、体内の隅々にまで酸素や栄養が運ばれることによって毛細血管の機能が回復することで、冷え性・むくみ・肩凝りなどの血行不足によって起こる悩みの解消に役立ちます。

さらに、血行が促進されることにより体温も上昇し、消費カロリーもアップします。代謝とデトックスの機能が促進されますので、ダイエットには非常に良い効果があるといえますね。

運動効果

一説には、炭酸水につかることは有酸素運動と同じくらいの効果があるとも言われています。炭酸水につかることによって、皮膚から二酸化炭素がどんどん吸収されます。血管内に二酸化炭素が増えることにより、その部分への血行が促進されるということはすでに述べた通りです。

この作用は炭酸泉につかっている間中、血管に一種の刺激を与えているのと同様の働きがあります。炭酸泉はぬるめのお湯なので、普通のお湯よりも長くつかることができます。その間中、筋肉への血流つまり酸素供給が増えるため、有酸素運動をしたかのような効果が得られるというわけです。
実際に、スポーツ選手のトレーニング後や、ケガをしてからだが動かない方のリハビリなどにも炭酸水は広く活用されています。

体温の上昇によるヒートショックプロテイン(HSP)の発生

HSPとは、私たちの細胞内に広く存在しする自己回復タンパクのこと。
HSPには、私たちの体を構成するたんぱく質の修復を行う機能があります。

体がストレスを感じると、それを修復しようとHSPは増加・活性化するのです。
HSPは、ヒートショックという名前の通り、熱ストレスによっても活性化することが知られています。

HSPを活性化させることで、ダメージを受けた傷や異常細胞の修復を行い、免疫力を高めてくれる他、コラーゲンの減少を食い止め、代謝を活発にして脂肪燃焼を助ける働きもあると言われています。

ヒートショックプロテインは通常の入浴でも活性化しますが、熱のストレスを与えるために40℃以上のお湯に首まで使って入浴する必要がありますが、これは結構大変です。

炭酸泉であれば、湯温が低いので、のぼせの心配もなく楽にヒートショックプロテインを活性化させることができます。
低温のため血圧の心配がある方も安心です。

美肌・美髪効果

お肌や髪は弱酸性というのはすでに広く知られています。
炭酸泉も弱酸性であるため、お肌や髪を傷めずに優しく洗い上げることができるのです。

また、弱酸性の水には引き締め作用のあるアストリンゼント効果があるため、洗い上がりはすべすべに。
美容院やエステのメニューで炭酸メニューがメジャーになったのもこの効果があるから。有名モデルも炭酸水を愛用する方が多いですよね。
また炭酸泉を自宅で楽しむ方法もあります。ドラックストアに炭酸風呂専用の入浴剤がたくさん販売されているので、関心のある人はぜひお試しあれ。

炭酸泉の温泉

炭酸泉の効果を知ると、「そんなにすごいのならぜひ入りたい!」と思えてきますよね。
日本には、3,000を超える温泉地があると言われていますが、天然の炭酸泉はそのうちの0.5%程度だそうです。

なぜなら、日本の温泉は火山活動が活発なこともあって炭酸ガスが溶けこむには水温が高すぎるから。
そこで、最近では人工的に炭酸ガスを添加できる炭酸泉発生装置が活用されるようになりました。

人口の炭酸泉は、医療機関をはじめとして、スーパー銭湯などの温浴施設、エステ、フィットネスクラブなどで導入されています。

人口の炭酸泉には天然温泉に含まれるような硫黄などのミネラル成分は含まれていませんが、空気中に溶けやすい炭酸ガスを飽和状態になるまで高濃度で添加させることができるという利点があります。

炭酸飲料の栓をあけると、しばらくすると炭酸が抜けてしまいますよね?
あの現象と同じことが天然の炭酸泉では常に起こっているため、安定供給が難しいのです。

人工の炭酸泉は天然よりはるかに高濃度の炭酸を添加し続けていることから、より炭酸泉の効果が実感しやすいともいわれています。

しかし、炭酸以外の効果も見込める温泉と異なり、人工の炭酸泉は、お湯に炭酸ガス(二酸化炭素)のみを溶け込ませているので、その効能は炭酸の持つ役割だけに限られるのがポイントです。

炭酸泉の効果を実感するには、入ってみるのが一番。
まずは今度のお出かけやご旅行に、炭酸泉のある場所を選んでみてはいかがでしょうか?

酵素風呂のダイエット効果 ~温泉編~

ラドンラジウム ダイエット効果 ~温泉編~

炭酸水ダイエットの効果と方法

ハーブ茶を飲んで痩せ菌を増やそう

無理なくスリムを目指す 青いデトックスティー

  • 青の花茶

    甘いものがやめられない、ダイエットが続かない、最近スッキリしない・・・そんな方におススメなのが「青の花茶」です。5種類のハーブがブレンドされ、オリエンタルブルーの水色が抑制効果や心を落ち着かせる色であり、「リラックス」と「ダイエット」両方の効果に期待できます。

少しでも早く確実に痩せたいあなたにはパーソナルトレ―ニングがおすすめ!

  • パーソナルトレーニングジム ランキング

    一番安い料金のパーソナルトレーニングジムは?全額返金保証、専属トレーナーのいるジムは?完全個室のジムは?パーソナルトレーニングに関心があっても、どう選んだらいいのかわからないあなた!さまざまな視点で比較し、わかりやすくまとめました。あなたにピッタリのジムがきっと見つかります!
あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決