RESTA

ゆずのダイエット効果

公開日:2017/12/21 最終更新日:2018/05/11 resta編集部

冬の代表的な柑橘類のひとつでもある黄色いゆず。
鍋や酢の物などに入れれば、さわやかな香りで食卓が華やぎます。
食べるだけでなく、お風呂に入れたりと昔から日本で親しまれてきたゆずには、さまざまな効果・効能があります。
美容や健康効果だけでなく、ダイエットにも役立つと最近では期待されているのです。
そこで今回はゆずにスポットをあて、詳しくご紹介していきたいと思います!

薬用植物として重宝されてきたゆず

中国を原産地とするゆずは、奈良時代に日本に伝わってきました。
漢方薬の原料として中国で使われていたので、日本でも免疫・神経・血管系の病気に効果がある植物として重宝されてきたのです。
和食にも広く取り入れられ、冬には欠かせない柑橘となっています。
果肉や果汁だけでなく、果皮までさまざまな優れた成分を持っているので、ゆずは丸ごといただいて余すところなくその栄養を取り入れましょう。

ゆずの持つダイエット効果

美容&健康によい栄養素をたくさん持つゆずですが、ダイエットに役立つ成分も持っています。
その成分の働きが注目されてゆずダイエットが生まれ、若い女性たちの間で話題にもなりました。

便秘を改善するペクチン

ゆずに含まれる水溶性食物繊維であるペクチンは、腸内環境を整え便秘の改善に働きます。
ゆずにはカリウムなどのミネラル類も含まれているので、余分な水分や老廃物を排出する作用がさらに高まり、デトックス力の高い体へと導いてくれます。
老廃物が排出されやすくなれば、自然と基礎代謝もアップするので痩せやすくなるのです。
さらにペクチンには食事から摂った糖の吸収をゆるやかにする働きもあるので、太りにくくする効果もあります。

基礎代謝をアップさせるクエン酸

ゆずの酸味に豊富に含まれているクエン酸。
この成分はクエン酸回路を活性化させることで、食事から摂った糖を分解してエネルギーに変換されやすくします。
体内のエネルギー効率を良くすることで、痩せやすい体づくりになるのです。
血液もサラサラにする働きがあるので、血流も良くなりさらに代謝のよい体質になっていくことができます。

体重増加を抑えるノミリン

ゆずのよい香りをさせる成分のひとつであるノミリンには、肥満を予防する効果があることが分かっています。
東京大学で行われた実験で、マウスにノミリンを混ぜた餌を食べさせると血糖値が低下して、体重の増加が抑えられるのが明らかになったのです。
ヒトにもこの効果は十分に期待できると言われており、肥満改善にもつながると考えられています。

香りと体の関係-痩せる香りとは?

脂肪を燃焼させやすくするリモネン

このリモネンもゆずのさわやかな香りに含まれる成分で、血行を良くして代謝をアップする働きがあります。
体内脂肪の分解を促す酵素であるリパーゼの分泌も促すので、脂肪が燃焼されやすくなるのです。
リラックス効果も高いので、ダイエット中のストレスなども緩和してくれるうれしい成分です。

シトラスダイエットの効果とやり方

ゆずダイエットのやり方

ゆずを普段の食生活に取り入れ、ゆずのダイエット成分を摂って痩せていこうというのがゆずダイエットです。
ゆずは冬が旬なので、果肉入りのゆずぽん酢やゆず味噌を作ったり、皮は酢の物に入れたりとゆずを丸ごと食べるようにしてください。

ゆずが手に入りにくい時期は、ゆず茶を使ってダイエットしましょう。
ゆずは糖の吸収を抑える効果があるので、食前に1杯飲むようにしてください。
間食の代わりに飲んでもカロリーオフできるのでオススメです。
ただし、ゆず茶は砂糖を多量に使って作られているものも多いので、飲みすぎてしまうと逆に太ってしまいます。
砂糖の代わりにはちみつを使って作られたものなら、はちみつの脂肪燃焼効果も期待できるので、ダイエット用にはオススメです。
ゆずを食べればすぐ痩せられるというものではありませんが、意識してゆずを食べ続けることで、ゆずダイエットの効果を実感してください。

飲むだけで痩せる?お茶でダイエット

ゆずのうれしい美容&健康効果

最初にもご紹介したように、ゆずにはダイエット効果だけでなくさまざまな効果があります。
小ぶりの果実の中にぎゅっとたくさんの効能を秘めているのです。

柑橘の中でもトップクラスの含有量を誇るビタミンC

みかんの2倍以上、レモンの3倍以上ものビタミンCをゆずは含んでいます。
ハリのある瑞々しいお肌をつくるコラーゲン生成に欠かせないビタミンC。
豊富な含有量で美肌づくりを強力にサポートしてくれます。
ビタミンCは美容効果だけでなく、体内の免疫力を高める働きもあるので、風邪予防にもとても役立ちます。
風邪やインフルエンザが流行る冬にゆずを食べるのはとても理に適っているのです。

疲労回復・エイジングケア・動脈硬化や心筋梗塞予防効果のあるクエン酸

ダイエット成分としてあげたクエン酸には、他にもたくさんの効果があります。
クエン酸と言えば、疲労回復の代名詞ですし、ミネラルの吸収を促進させて活性酸素を除去するエイジングケア効果もあります。
クエン酸の持つ血液をサラサラにする効果は高血圧・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などの生活習慣病予防にも役立つのです。

美肌・エイジングケア効果からがん予防までするβカロテン

皮に多く含まれているβカロテンは抗酸化力が強いので、がんの抑制効果も期待できると言われています。
肌の老化を防ぎ、皮膚のターンオーバーも促進するので、美肌づくりをサポートするのです。
さらに皮膚や粘膜を強くし、免疫力をアップさせる効果もあるので、ビタミンCとともに風邪予防にも働きます。

毛細血管を強くするビタミンP

体に張り巡らされている毛細血管を修復&強化する働きのあるビタミンP。
この働きのおかげで血行が良くなり、肩こりや冷え性が改善されたり、脳出血や歯ぐきの出血などを予防することができるのです。
悪玉コレステロールを下げる効果もあるので、ダイエットのサポートにもなります。
ピタミンPはビタミンCの働きを助ける作用もあるので、相乗効果でさらに美肌やエイジングケア効果も高めてくれるのです。

ゆずの持つさまざまな効果について、いかがでしたでしょうか。
ダイエット効果だけでなく、美容&健康にもとても良い成分がたくさん含まれているので、皮から果肉まで丸ごと食べてその栄養素をしっかり取り入れてくださいね!

旬のオーガニックな野菜で食物繊維と栄養素を補おう

簡単に夕食の献立が決められてバランスのよい食事ができる

キッコーマン からだ想い ぽかぽか気分

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決