RESTA

グルテンフリーダイエットの効果

公開日:2016/09/23 最終更新日:2018/02/26 resta編集部

グルテンフリーダイエットとは

グルテンフリーダイエット、アメリカで流行した小麦・大麦・ライ麦などの穀物に含まれているグルテンと呼ばれるたんぱく質を食事から除外したダイエット方法です。

具体的には、パスタやうどんなどに使用されている小麦粉には、グリアジンとグルテニンが結合して生まれたグルテンが含まれているため、このダイエットの場合には食事制限の対象に当たる食材です。

グルテンフリーダイエットにはどんな効果があるのか

では、グルテンをカットすることで実際にどのような効果があるかというと、”体質改善効果”があるといわれています。

これまで特に食事制限をすることなくグルテンを含む食事を摂っていた方の場合、中毒性のあるグルテンの影響により、アミロペクチンAという成分が、血糖値を急上昇させ、結果としてインスリンの分泌を急激に増やすことがわかっています。

このインスリンには、脂肪を体内に蓄える働きがあるため、インスリンの急増は脂肪を体内に溜め込む作用を加速させることにもつながっているのです。

したがってインスリンの上昇のそもそも原因であるグルテンを含む食事を断つ食生活の改善ダイエットは、ダイエットの効果に直結する方法といえます。

ダイエット前と同じ量だけ食べたとしても食事の中からグルテンを含む成分を除外するだけでも違いが表れるため、ストレスをためながらダイエットを行うという心配もなく、体になじんで来たときには継続することでさえも苦でない状況となるでしょう。

グルテンフリーダイエットの始め方

グルテンフリーダイエットの始め方はいたってシンプル。普段の食事からグルテンを含む食材を使用しないようにするだけでいいのです。
対象となる食材は、小麦、大麦、ライ麦などです。

  1. 小麦は、パスタ、うどん、ラーメンなどが代表的な食材。
  2. 大麦は、ビールなどが代表的な食材。
  3. ライ麦は、パンなどに使用されている食材です。

ここで誤解を受けやすいのは「じゃあ何を食べたらいいの?食べるものがないのでは?」ということ。
極端な話、パンやラーメンは食べてもいいのです。ただ、材料を小麦から米粉に変えたり、パスタをしらたきやはるさめに置き換えてみるなどの工夫をすればよいのです。

しらたきダイエットの効果とおすすめメニュー


禁止されているのはあくまで材料であって、メニューそのものではないということを理解しておきましょう。

グルテンフリーダイエットのメリットとデメリット

グルテンフリーダイエットのメリットは、グルテンを抜いた食事でダイエット効果につながるだけでなく、グルテンの摂り過ぎによって脅かされていた健康被害についても症状を緩和する可能性があるということです。

≪グルテンの多量摂取で心配される体への影響≫

  1. はだの乾燥、シミ、クスミ、吹き出物、ニキビといった肌トラブル
  2. 口内炎の発生、ぜんそく、アトピー性皮膚炎の発症、などの健康被害
  3. 肩こり、頭痛、集中力の欠如、便秘といった生活トラブル

グルテンの怖いところは「また食べたい!」という常習性を持っており、気づけばラーメンやパンを頻繁に食べているといった食習慣を招いている場合があります。このような食習慣を断ち切ることで体の不調を改善するのです。

デメリットは正しい知識を持っていないと過剰にグルテンを除外した食事をとってしまいがちになることです。
というのもグルテンが含まれいている小麦には、ビタミンB群や鉄分などが含まれており、体の健康を維持するうえでは不可欠なものも備わっています。大切な栄養素が欠如すると痩せられないばかりか、太りやすい体質に傾くので逆効果にもなりかねません。

重要なことは、グルテンフリーをするにあたってどの食材を摂取し、ビタミンB群や鉄分などを補っていくかということ。最近では小麦粉の代わりに米粉というものが注目され、米粉そうめん、米粉うどんなども登場してますので、ぜひ取り入れてみてください。

グルテンフリーダイエット≪レシピ≫

旬のオーガニックな野菜で食物繊維と栄養素を補おう

簡単に夕食の献立が決められてバランスのよい食事ができる

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決