RESTA

スイカダイエットの効果と方法とは

公開日:2017/08/09 最終更新日:2018/03/12 小泉 カナリア

昔から、夏の風物詩として親しまれている「スイカ」。
子供の頃、夏休みにスイカ割りを楽しんだという方も少なくないのではないでしょうか。

そんな夏の果実の王様「スイカ」に、ダイエット効果があるのをご存じでしょうか。
甘みがあるのでダイエットに向かないようなイメージがありますが、意外にも優れたダイエット効果が隠れているのです。

そこで今回は、スイカのダイエット効果や、ダイエットに効果的な食べ方をご紹介!
スイカを食べて夏を満喫しながら、ちゃっかりダイエットしてみませんか?♪

スイカダイエットの効果

スイカには、どのようなダイエット効果があるのでしょうか。
さっそく見ていきましょう!

シトルリンが冷えやむくみを解消!

暑い夏でも、クーラーが効いた部屋に長時間いることで、体が冷えてしまうことがありますよね。

そんなとき、スイカに含まれるアミノ酸の一種「シトルリン」がうれしい効果を発揮してくれます。
その理由は、シトルリンに見られる、「血流改善効果」!

シトルリンは体内で「アルギニン」という成分に変換されます。
アルギニンは、血管を拡張する働きがある「一酸化窒素」を増やし、血流をよくする効果があるのです。

血流がよくなることで、「冷え」や「むくみ」が解消され、ダイエットのよい効果をもたらしてくれます。

シトルリンが筋力アップ!

シトルリンの効果はこれだけではありません。
健康的なスタイルを維持するために必要な「筋力」をアップさせる効果もあります。

シトルリンは体内でアルギニン変換されますが、アルギニンには「成長ホルモン」を分泌させて、筋肉が増強させる働きがあるのです。
また、血流を改善する効果から、筋トレや運動のパフォーマンスが上がり、筋力アップに繋がるともいわれています。

筋力トレーニングをしている方の中には、筋力アップのためにサプリメントでシトルリンを摂取している方も少なくないと思います。
筋力がアップすれば、代謝もアップして消費カロリーも増えたり、引き締まったボディラインを手に入れることができます。

食物繊維が便秘を解消!

スイカにはダイエットの大敵である「便秘」を解消する効果も見られます。
その理由は、スイカに含まれる「食物繊維」。

食物繊維には、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維は、便を柔らかくして、不溶性食物繊維は便のかさを増して腸の蠕動運動を刺激する働きがありますが、便秘を解消するためには、これら2つの食物繊維を両方摂取することがよいとされています。

スイカは、この水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでします。
そのため便秘の解消によい効果を発揮してくれます。

食物繊維の効果

カロリーが少ない

スイカは、とても甘みがあるのにも関わらず、カロリーが少ないというのもダイエットにうれしいポイント!

スイカは100gあたり、37kcalです。
スイカの大きさやカットする幅にもよりますが、一切れが約120〜150gとすると、およそ44〜55kcalです。

ここで、その他の夏の果物のカロリーをチェックしてみましょう。

  • もも 40kcal
  • メロン 42kcal
  • パイナップル 50kcal
  • ぶどう 59kcal
  • マンゴー 64kcal

このように、夏の果物の中でも、スイカは低カロリーなのです。

糖質が少ない

カロリーとともに、ダイエットをする上で意識したいのが「糖質」。
スイカは糖質が少ないというメリットもあります。
糖質が高い食べものは、血糖値が上がりやすく脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

スイカの100gあたり糖質はたったの9.2gほど。
一切れを約120〜150gとすると、糖質が11〜13.8gとなります。

ちなみに、白米1膳(150g)の糖質が55g、食パン1枚(60g)の糖質が27gであり、これらと比べても低いことがわかります。
しかし、果糖やブドウ糖が多くGI値は72と高め。
糖質制限をしている方は、食べる量に注意しましょう。

他にもうれしいスイカの効果

以上のようなダイエット効果に加え、スイカには次のようなうれしい効果もあります。

リコピンによる抗酸化作用で美肌に♪

トマトに含まれることで広く知られている「リコピン」
実は、スイカは、トマトよりも豊富なリコピンを含んでいるのです。

リコピンは強い抗酸化作用があり、肌の老化を促進する活性酸素を除去して、エイジングケアにも最適。
紫外線を浴びた夏のお疲れ肌にも、スイカのリコピンがよい効果をもたらしてくれます。

水分90%以上!水分補給に最適♪

スイカには、なんと90%以上も水分が含まれています。
そのため、水分補給にも最適♪
脱水症状や熱中症の予防にも効果的なのです。

トマトダイエットでスリムボディを目指そう

スイカダイエットの方法

それでは、具体的なスイカダイエットの方法をチェックしていきましょう!

いつ食べる?

スイカを食べるタイミングには、おすすめの2つのパターンがあります。

朝食に

まずは、朝食にスイカを食べるという方法。
1日のうちで、朝はデトックスタイム。
お通じをよくする作用があるスイカを食べて、スッキリ老廃物を排出しましょう。

そのまま食べてもOKですし、スイカを使った「レッドスムージー」にするのもおすすめです。

【リコピンたっぷり!スイカとトマトのレッドスムージー】

<材料>

  • スイカ 100g
  • トマト 1個
  • グレープフルーツ 1/4
  • 水 100ml

全ての材料をミキサーにかけて完成です。

夕食に

夕食にスイカを加えるという方法もあります。
栄養バランスのよい食事をベースに、スイカを1切れ〜2切れ加えます。
その際、スイカを加えた分、食事の量はコントロールします。

ちょっとストイックな方法として、夕食をスイカに置き換えるという方法もありますが、完全にスイカだけにしてしまうと栄養バランスを崩してしまい、結果的にリバウンドを招いてしまう結果に。

リバウンドしない、長期的なダイエットとして行いましょう。

スイカは皮も食べよう

スイカは、カットしてそのまま食べるのが基本ですが、ダイエットにおいては、普段は捨ててしまう「皮」も食べてほしい部分!

血流改善によりダイエットのサポートをしてくれる「シトルリン」は、実はスイカの皮の部分に多く、実の部分の2倍の量を含んでいます。

そのまま食べると苦みがあって美味しくありませんが、キュウリのように薄くスライスして塩もみをして漬物のようにしたり、炒めるなどして、調理すれば食べやすくなります。

スイカダイエットの注意点

スイカダイエットには注意しておきたいポイントがあります。
合わせて確認しておきましょう。

食べ過ぎに注意!

カロリーも低く、水分ばかりなので、ついたくさん食べてしまうそうですが、食べ過ぎには注意しましょう。
食べ過ぎると、下痢や胃痛を引き起こす場合もあります。
またGI値も72と高めですので、糖質制限をしている方はご注意を。

塩のかけすぎに注意!

スイカに塩をかけると甘みがぐっと増して美味しくなりますよね。
スイカには、むくみを解消する効果がありますが、塩分の取り過ぎは逆効果。
1~2振り程度に抑え、くれぐれもかけすぎには注意しましょう。

夏の風物詩「スイカ」。スイカには、冷えやむくみ、便秘を解消する効果や、カロリーが低さなどから、ダイエットに向いています。
夏にぴったりのスイカダイエット、食べ過ぎに注意しながらよかったらトライしてみてくださいね♪

旬のオーガニックな野菜で食物繊維と栄養素を補おう

簡単に夕食の献立が決められてバランスのよい食事ができる

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決