RESTA

腸活ダイエットをサポートする発酵食品

公開日:2017/03/08 最終更新日:2018/03/06 小泉 カナリア

美肌効果や、免疫力向上など、優れた健康効果に加え、「ダイエット効果」もあるとして注目を集めている「腸活」。エクササイズをしたり、朝1杯の水を飲むなど、いくつかの方法がありますが、中でもよいサポートをしてくれるのが「発酵食品を食べること」です。

今回は、そんな「腸活をサポートする発酵食品」にスポットを当てて、詳しくご紹介していきたいと思います!

これから腸活を始める方や、すでに始めている方も、毎日の献立の参考にしてみてくださいね♪

発酵食品とは

微生物の菌の働きによって発酵させ、加工した食品を「発酵食品」といいます。

発酵することで、味や香りが豊かになるだけでなく、人体によい働きをもたすように変化するのです。

「腸」も、その恩恵を受けられる部分のひとつ。

納豆菌、乳酸菌、酢酸菌、麹菌、酵母菌などの発酵食品に含まれる菌が、腸の働きに素晴らしい効果をもたらしてくれます。麹菌味噌や醤油を作るときに用いられる麹菌は、酵素の宝庫!その酵素が栄養の消化・吸収を高めます。また、食材のうまみ成分をアップさせたり、腸内環境を整える効果もあるんですよ。

発酵食には使われている菌は、主に次のようなものがあります。
それぞれの菌が体にもたらす効果・効能はどのようなものなのか、を見ていきましょう。

乳酸菌の効果・効能

納豆菌

納豆に含まれている納豆菌は、生きたまま腸に届き、善玉菌のエサになって悪玉菌を抑制!腸内環境を整えます。また、血栓を溶かし、血液をサラサラにするナットウキナーゼという酵素を作る働きも!

酢酸菌

酢やナタデココを作るときに必要な酢酸菌は、体内でクエン酸に変化して疲労回復効果を発揮します。

酵母菌

パンやビールを発酵させるときに用いられる酵母菌。酵母菌は、糖を分解し、消化・吸収をサポートしてくれるため、便秘やダイエットにも効果を発揮します。
また、ビタミンBが豊富なので疲労回復効果や、美肌効果も期待できます。

乳酸菌

ヨーグルトやキムチに含まれている乳酸菌は、腸内にいる善玉菌のひとつで、整腸作用をもたらすことで広く知られています。また、免疫力アップや、アレルギー症状の緩和など、さまざまな健康効果をもたらします。

発酵食品は世界中に存在しますが、日本人にとっても、とても身近で取り入れやすい食品ですので、ぜひ積極的に取り入れてみましょう!

痩せ菌(善玉菌)をサポートする乳酸菌の種類と効果

腸活をサポートする発酵食品

それではさっそく、腸活をサポートする発酵食品をチェックしていきましょう!

納豆

大豆を発酵させた「納豆」は、古くから日本の食卓に親しまれている食品です。

納豆菌が善玉菌を増やす!

納豆に含まれている納豆菌は、熱や胃酸に負けることなく、生きたまま腸に届きます。
善玉菌のエサになることで、腸の活動を活発にし、悪玉菌を抑制!
排便をスムーズにしてくれます。

効果的な納豆の種類は?

中でも、小粒の納豆がよいとされています。
小粒の納豆は、納豆菌に触れる表面積が多く、発酵が進みやすいためです。
さらに、賞味期限ギリギリの納豆はしっかり発酵が進んでいるため、より効果的といわれています。

同じ納豆でもこのような点を考慮しながら工夫して食べるのも、腸活を楽しむひとつの方法です。

納豆ダイエットの効果

ヨーグルト

朝食などで手軽に取り入れやすい「ヨーグルト」も発酵食品のひとつです。

乳酸菌が善玉菌を増やして腸の活動をサポート!

ヨーグルトには、豊富な乳酸菌が含まれています。
中でも、ビフィズス菌やガセリ菌をはじめとする、胃酸に強く生きたまま腸まで届く乳酸菌は、腸活によい効果をもたらすのです。

自分に合う乳酸菌を見つけてみよう!

ヨーグルトの種類によって、入っている乳酸菌もさまざま。
同じ菌がすべての人の腸に、よい効果をもたらすとは限りません。
いくつかのヨーグルトを試し、自分の腸に合った乳酸菌の入ったヨーグルトを、探してみるとよいでしょう。

ホットヨーグルトダイエットの効果と注意点

甘酒

「飲む点滴」として優れた健康効果を発揮ことで知られる「甘酒」も、発酵食品のひとつです。

乳酸菌が善玉菌を増やして腸の活動をサポート!

甘酒には、酒粕を伸ばして砂糖を加えるタイプと、米麹を発酵して作られるタイプの2種類があります。
中でも、米麹を発酵して作られるタイプは、乳酸菌が豊富
善玉菌を増やし腸の活動をサポートしてくれる上に、カロリーも控えめなので、腸活にはこちらのタイプをおすすめです。

甘酒ダイエットも大注目!

腹持ちのよい甘酒は、近年ダイエット食品としても注目を集めています。

  • 朝食の置き換えに取り入れる
  • 食前に飲んで満腹感を得て食事量を減らす
  • おやつの代わりに甘酒を飲む

このようないくつかの取り入れ方があるので、自分の生活に合った方法で、取り入れてみてはいかがでしょうか。

甘酒ダイエットの方法と効果

味噌汁

「味噌」も、日本の伝統的な発酵食品のひとつです。

胃酸に強い植物性乳酸菌!

味噌には、胃酸に強い植物性乳酸菌が豊富に含まれています。
生きたまま腸まで届き、善玉菌の活動をサポートし、腸内環境を整える働きがあるのです。

「天然醸造」の味噌を選ぼう!

スーパーには多くの種類の味噌が並んでいますが、中でもおすすめなのは「天然醸造」と記載された味噌。
人為的な力を加えず、自然の気温差でゆっくり発酵されており、有効成分がたっぷりふくまれています。

ナチュラルチーズ

広く世界中で親しまれているチーズも、発酵食品のひとつです。

チーズには、ナチュラルチーズとプロセスチーズがある!

チーズには、大きく分けてナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類があるのです。

ナチュラルチーズは、自然発酵したもので、カマンベールチーズ、モッツアレラチーズ、ゴーダチーズなどが、それに当たります。

一方、プロセスチーズは、熱を加えて加工したもので、スライスチーズやキューブ型のチーズなどです。

腸活にいいのは「ナチュラルチーズ」!

ナチュラルチーズは、乳を固めて発酵熟成させており、生きた乳酸菌が豊富に含まれています。
よって、腸活に取り入れたいのは、「ナチュラルチーズ」!

近年、スーパーや輸入系食品店には、多くのナチュラルチーズが販売されています。

腸活を機に、お気に入りのナチュラルチーズを見つけてみてはいかがでしょうか♪

チーズダイエットの効果

漬物

漬物も、私たちの食卓にとても身近な発酵食品です。
中でも、次のような乳酸菌が豊富に含まれた漬物は、腸活にすぐれた効果を発揮します。

京都三大漬物のひとつ「すぐき漬け」!

しば漬け」や「千枚漬け」と並んで、京都三大漬物といわれる「すぐき漬け」。
すぐき漬けは、植物性乳酸菌の一種である「ラブレ菌」の宝庫です!

ラブレ菌は酸に強く、生きたまま腸に届き、悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整えてくれる強い味方♪

近年では、京都に足を運ばなくても、オンラインショップで販売している店舗もあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

朝鮮半島からやってきた保存食「キムチ」!

朝鮮半島から伝えられた保存食「キムチ」は、今や、日本の食卓にも馴染み深いものになりました。

キムチには、ラクトバチルス・プランタラムという植物性乳酸菌が、豊富に含まれています。
ラクトバチルス・プランタラムも、酸に強く、生きたまま腸まで届き、腸内環境を整える働きがあります。

キムチはそのまま食べても美味しいですが、鍋や炒め物など、お料理にも使いやすい食材♪
カプサイシンの働きで、脂肪燃焼効果も得られるので、ダイエット食材としてもおすすめです!

キムチダイエット効果を出す方法

調味料として頻繁に使われる「」も、発酵食品のひとつです。

酢酸がクエン酸に変化して、腸の活動をサポート!

酢の主成分である酢酸は、体内でクエン酸に変化し、善玉菌の活動を活発にし、腸内フローラのバランスを整える働きがあります。
また腸を刺激して蠕動運動が活発し、自然な排便を促す働きもあります。

飲むタイプの酢

大量に摂取しにくい酢ですが、近頃では、効率的に摂取できる「飲むタイプの酢」も発売されており、取り入れやすくなりました。
ただし、胃腸の弱い方には、酢が負担となる場合がありますので、空腹時を避けたり、希釈量や摂取量に気をつけながら、摂取するように心がけましょう。

お酢のダイエット効果とは


 
腸活をサポートする発酵食品には、日本の食卓に親しまれている食材もたくさんありましたね。
毎日の食事にこれらの食品を少しずつ取り入れ、腸活ダイエットを効率的に進めてみませんか♪

腸内環境を整え痩せ菌を増やす おすすめのサプリやドリンクは?

  • 菌活ダイエットはランキングから見つけよう

    菌活に良いとされる食品は、乳酸菌、ビフィズス菌、酵素などを含む発酵食品。食事から摂ることも大切ですが、手軽に菌活ができてダイエットのサポートにもなる、当サイトで人気の飲料やサプリメントをご紹介します。あなたにピッタリの1つが見つかりますよ!

腸活ダイエットのやり方とその効果

デブ菌、痩せ菌とは

菌活ダイエットの効果

簡単に夕食の献立が決められてバランスのよい食事ができる

旬のオーガニックな野菜で食物繊維と栄養素を補おう

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決