RESTA

海外モデルも実践!ナッツダイエットの効果とは

公開日:2017/01/30 最終更新日:2018/03/05 小泉 カナリア

海外モデルをはじめ、多くの美意識の高い女性たちに好んで食べられている「ナッツ」。
高カロリーなイメージがありますが、意外にもダイエット効果があるのをご存知でしょうか?
おまけに美肌にもなれちゃうという、女性にはうれしい特典つき!

ただし、食べ方のポイントや注意点があります。
今回はそんなナッツダイエットについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

これを参考に、美しい女性たちの仲間入りをしてみませんか♪

ナッツダイエットの効果

なぜ、高カロリーなナッツで、ダイエットができるのでしょうか?
その効果について、理由とともに掘り下げていきましょう!

不飽和脂肪酸の働きで、脂肪がつきにくい体へ!

ナッツには、脂質がたくさん含まれています。
「脂質」と聞くと、一見太りそうなイメージがありますが、ナッツに含まれる「不飽和脂肪酸」という脂質は、実はその逆の作用が!
体内で脂肪の燃焼を促し、脂肪をつきにくくさせる働きがあるんです。
これが、ナッツがダイエットのサポートになるという大きな要素です。

脂質(脂肪酸)について

血液サラサラ効果のあるビタミンEが豊富!

血流が悪いと、不要な老廃物が体に溜まり代謝が悪くなって太りやすい体質になってしまいます。
ナッツには、これを改善する血液サラサラ効果のある、ビタミンEが豊富に含まれています!
これにより、血流がアップし、痩せやすい体になるんです!

ちなみに、ビタミンEは抗酸化作用が高いので、美肌効果も得らるという、うれしいポイントつき!
「過度な食事制限によるダイエットで、肌がかさついてしまう」
というダイエットにありがちな落とし穴を、うまく回避できるんですね♪

満腹感が得られて、食事の量が減る!

ナッツは歯ごたえがあり、よく噛まなければ食べられませんよね。
おやつや食前などの空腹時にナッツを食べることによって、満腹中枢が刺激され、その後の食事が少量で済み、1日の摂取カロリーを抑えることができます。

食物繊維や不飽和脂肪酸が、便秘を改善!

ナッツには、便秘を改善するサポートとなる「食物繊維」が豊富に含まれています。
便秘を改善することで、消化吸収がよくなり、太りにくい体になるので、ダイエット時の強いサポートになります!

また、不飽和脂肪酸の「オレイン酸」は、腸の蠕動運動を促し、固くなった便の潤滑油にもなることから、便秘の改善によい効果を発揮します。

食物繊維の効果

カリウムが、むくみを解消!

慢性的なむくみは、肥満の大敵!
ダイエットにおいて、むくみのないスッキリとした体を作ることが重要です。

カリウムが含まれたナッツは、余分な水分や老廃物を排出し、むくみを予防する効果を発揮します!

スッキリ足痩せ。むくみの原因と解消法

ナッツダイエットに向くナッツの種類は?

ナッツといってもさまざまな種類がありますよね。
ダイエットに効果的なナッツはどのナッツでしょうか?
ダイエットにおける効能と、1日の適量をチェックしておきましょう。

アーモンド

アーモンドは、脂肪をつきにくくしてくれる不飽和脂肪酸である「オレイン酸」、そして便秘を改善する食物繊維が豊富!
ナッツの中でも、強い噛みごたえがあり、満腹感を得やすいという特徴もあります。
/embedhttps://re-style.biz/diet-type/foods/5234.html

くるみ

くるみも、不飽和脂肪酸である「リノール酸」や「αリノレン酸」が豊富に含まれています。
これが、中性脂肪をつきにくくします。
また、便秘を改善する食物繊維も豊富!
血流をサラサラにする効果もあるので、ダイエットのよいサポートとなります。
≫一日たったの7粒でOK!くるみダイエット

カシューナッツ

カシューナッツの60%は、脂肪をつきにくくしてくれる不飽和脂肪酸である「オレイン酸」で占められています。
また、便を柔らかくする働きもあるので、便秘改善にも効果的です。

マカダミアナッツ

マカダミアナッツも、脂肪をつきにくくしてくれる不飽和脂肪酸である「オレイン酸」が豊富含まれています。
また、カリウムが含まれており、むくみを予防する効果もあるという面でも、ダイエットのサポートとなります。

ピスタチオ

ピスタチオも、むくみを予防するカリウムを豊富に含んでいます。
また、殻がついているので、食べるのに時間がかかって面倒くさいという点も、食べ過ぎを抑制してくれるといううれしいポイントとなります。

ナッツダイエットの方法

それでは、具体的なナッツダイエットの方法についてご紹介していきます。

ナッツを食べるタイミングは?

食べるタイミングで最適なのは、「おやつ時」か「食前」です。

  • 普段食べているお菓子などのおやつを、ナッツに置き換える
  • 食前に食べて、満腹感を与え、その後の食事の量を減らす

といった方法で行います。
食後の満腹時に、さらにナッツを摂取してしまうとカロリー過多になってしまうので、気をつけましょう。

1日に食べていいナッツの量は?

1日に食べていいのは、だいたい25g程度とされています。
それぞれの数に換算すると、以下のようになります。

  • アーモンド・・25粒程度
  • くるみ・・・8かけ程度
  • カシューナッツ・・・15粒程度
  • マカダミアナッツ・・・14粒程度
  • ピスタチオ・・・45粒程度(殻付き)

もちろん、あらゆるナッツを組み合わせたミックスナッツでもOK!
いろいろなナッツの効能を得られるのでおすすめです。
ミックスナッツの場合は、全部で25g程度になるくらいを摂取しましょう。

ナッツダイエットの注意点

ただし、ナッツダイエットには注意しておきたいポイントがいくつかあります。
合わせてチェックしておきましょう。

無塩のナッツを食べる!

市販のナッツには、塩がまぶしてあるナッツと、無塩のナッツがあります。
塩分のとりすぎは、むくみの原因にもなります。
ダイエットの際には、無塩のナッツを食べましょう。

素焼き(ロースト)製法のナッツを食べる!

市販のナッツには、油で揚げてあるものと、ノンフライの素焼き(ロースト)のナッツがあります。
多少お値段も高くなりますが、ダイエット時には、ノンフライの素焼き(ロースト)製法のナッツを食べましょう。

ナッツは食べ過ぎない!

いくらダイエット効果のあるといっても、ナッツはやはり高カロリー!
1日の摂取量を守り、食べ過ぎないことが大切です。

ナッツで満腹感を得た分、食事の量を減らす!

おやつや食前でナッツを食べたら、その分、食事の量をコントロールしましょう!
せっかく満腹感を得ているのに、いつもと同じ量の食事をとってしまえば、カロリーオーバーになってしまいます。

ナッツは、いくつかのポイントに注意して行うことで、ダイエット効果を得られます。
このナッツダイエットで、スリムを美肌、同時に手に入れてみませんか?

簡単に夕食の献立が決められてバランスのよい食事ができる

旬のオーガニックな野菜で食物繊維と栄養素を補おう

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決