RESTA

アサイーダイエットの方法

公開日:2018/04/27 最終更新日:2018/04/27 resta編集部

もはやスーパーやコンビニでもスムージーを見かけるようになるなど、パワーフードとしてすっかりその地位を確立した”アサイー”。
今回は改めてアサイーの栄養素や痩せる理由、そしてダイエット方法について調べてきました。
手に入りやすくなった今こそ、アサイーダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

アサイーの栄養素

アサイーがスーパーフードと呼ばれるゆえんはその栄養素にあります。
アマゾン周辺が原産地と考えられるアサイーは、古来からネイティブアメリカンたちの栄養補給や民間医療の薬としてもずっと使われてきたのですが、1970年代に果肉を冷凍したり、加工技術が発展して持ち運びができるようになってから世界的に広まるようになりました。

というのも、アサイーの栄養素は収穫後24時間以内に摂取しないと酸化して栄養素が損なわれてしまうから。
アサイーについては、生の果実を手に入れることが難しく、日本の食品成分表にはまだ記載がなく、基本的には加工品として流通しているため、正確な成分量については正しくわからないというのが現状です。

しかし、アサイーにはオリーブやアボカドに多く含まれる必須脂肪酸であるオレイン酸のほか、抗酸化作用の高いポリフェノール、そしてβカロテン、食物繊維、鉄などをはじめとしたミネラルなど豊富な栄養素があるといわれています。
”アマゾンのミルク”や”ブラジルの奇跡”といった別名があるのも納得です。
特にポリフェノールはココアの約4.5倍、ブルーベリーの約18倍ともいわれています。
鉄分はレバーの3倍で、サッカーの中澤佑二選手や帝京大学のラグビー部が貧血対策にアサイーを取り入れているとして話題になりました。
果実の外見はブルーベリーっぽいので、アサイーベリーと呼ばれることもありますが、同じものです。

アサイーはなぜダイエットに向いているのか

アサイーがダイエットに向いているというのは、その豊富な栄養素の働きによるものです。

オレイン酸

不飽和脂肪酸のオレイン酸はコレステロールの吸収を抑えてくれる働きがあり、血中コレステロール濃度の低下に役立ちます。

ポリフェノール

ポリフェノールは抗酸化作用が高く、アンチエイジング効果が期待できるほか、代謝の促進機能もあります。
代謝を促進することで脂肪分が燃えやすい体に。ダイエット効果が期待できます。
また、この時に燃える脂肪は皮下脂肪ではなく、お腹ポッコリの原因である内臓脂肪。
ポリフェノールによる脂肪燃焼はスタイルアップにも貢献します。

食物繊維

豊富な食物繊維は、血糖値の上昇を抑え、腸内環境を整えてお通じを良くする働きも。
血糖値の上昇を抑えることで脂肪の蓄積を抑え、腸内環境を整えることで代謝アップするだけでなく便秘解消にも役立ちます。

鉄分

また、鉄分が豊富なので、取り入れることで赤血球の働きが良くなり、全身に効率的に酸素や栄養素を供給してくれて体温が上がり、代謝もアップ、体調が良くなることで活動で気になるという副次効果も期待できます。

というように、アサイーを食べると痩せる!というわけではなく、太りやすい人が普段の食生活でなかなか摂取しないものを取り入れくことで栄養バランスが取れて、活動的になり、結果的にヘルシーな生活になることで痩せるというのがアサイーダイエットの原理です。

「バランス良く食べる」とはどういうこと?

アサイーダイエットで確実に痩せる方法

アサイーの栄養素は持続的に取り入れたいものばかり。
そのため、確実に痩せるためには、まずアサイーを継続的に摂取する必要があります。
アサイーボールやスムージーなどメニューに工夫をして、しばらく毎日とるようにしましょう。
そして、アサイーを食事に取り入れた分、他の食事を減らすこととアサイーを食べ過ぎないよう注意してください。
いくら身体に良いものだからといって、たくさん食べていたら過ぎたるは猶及ばざるが如し。もちろん太ってしまいます。

また、活動的になったからといって、その分食べ歩きは厳禁ですよ~

アサイーダイエットレシピ

最後に、アサイーをダイエットに取り入れるためのレシピを紹介します。
実はアサイーが甘酸っぱいように思えるのは、見た目だけでアサイー自体の味はほとんどないので、色々なものに混ぜたりして使うことができるのですよ。

アサイースムージー

今回は見た目の通りベリー系で統一してみました。
いずれも冷凍果実が充実しているので年間を通じて手に入りやすいですね。
果物や野菜を変えてアレンジが楽しめるスムージーで毎日飽きずにアサイーを取り入れられますよ。
アサイーはピューレでも粉末でもOK!もしあればチアシードバジルシードを加えると、満腹感もアップします。

  • アサイーピューレ(粉末でもOK):適量
  • 冷凍いちご・ブルーベリー・ラズベリーなど:お好みでトータル50グラム程度
  • プレーンヨーグルト:大さじ2
  • はちみつか羅漢果:大さじ1
  • 氷(フルーツが冷凍でない場合):3~4個
  • 水:100CC(チアシードかバジルシードがあれば浸して戻しておく。なければそのままミキサーにかける)

材料を全部ミキサーに入れて、なめらかになるまで作動させれば完成!

アサイー寒天

作り置きができるアサイー寒天。
寒天の繊維も加わって満腹感もアップ!味がほとんどないので、お好みでハチミツなどを加えてみてください。
フルーツと一緒に食べるのもおすすめです。

  • アサイージュース(できるだけ添加物の入っていない、果汁の割合が高いもの):250CC
  • 水50CC
  • 粉寒天 4g
  • 蜂蜜か羅漢果:お好みで

水を火にかけて寒天を煮溶かします。
寒天が溶けたらアサイージュースを入れてよく混ぜ、タッパーに移し、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。

 

今は冷凍なども豊富です。ぜひ試してくださいね!

旬のオーガニックな野菜で食物繊維と栄養素を補おう

簡単に夕食の献立が決められてバランスのよい食事ができる

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決