RESTA

こんにゃくダイエット

公開日:2016/10/05 最終更新日:2018/05/11 resta編集部

こんにゃくダイエットとは、身近なこんにゃくを意識的に食べることで、こんにゃく特有の歯ごたえで咀嚼回数の増やし満腹感を得たり、摂取カロリーを抑えるダイエット方法の1つです。

こんにゃくには、グルコナンマンと呼ばれる不溶性食物繊維が豊富に含まれており、お通じをよくする効果。
体調管理においてもメリットの多い食材と言えます。

鉄分は少なめですが、不足しがちなカルシウムが含まれいているというのもこんにゃくの魅力の1つといえます。

こんにゃくダイエットの効果とは?

こんにゃくダイエットの効果は、主に「咀嚼回数」と「低カロリーである」ことにありますが、暴飲暴食を抑える効果もあります。

食物繊維が豊富なため、水分を一緒に摂取するとお腹の中でこんにゃくの成分が膨らみ、満腹感を得られやすくなるからです。

また、体の中に溜まった「中性脂肪」や「コレステロール」などの肥満の原因を体外へ排出する効果もあると言われているので、まさにダイエットにはうってつけの食材なのです。

中性脂肪とコレステロールの違いは?

こんにゃくダイエットのメリット?デメリット?

このように魅力的なダイエット法ではありますが、メリットもデメリットもあります。

メリット

こんにゃくダイエットのメリットは、食べ過ぎによる肥満を抑えることと言えます。また、日本の和食においてはこんにゃくの登場回数も多く煮物やおでんなどにはメインと肩を並べるほど存在感もあり料理のレパートリーも豊富で、味を変えていろいろと味わいながらダイエットを行えるという点も魅力です。

苦手な食べ物を無理して食べるというダイエットの場合は、継続することが難しいのですが比較的こんにゃくは継続しやすいと食品と言えます。

ほかにも、豊富な食物繊維による腸内環境を改善し排便を促すことができます。排便がスムーズだと吹き出物やニキビなどの悩みを解決することができるほか、お腹の中を掃除してくるという良いイメージもあります。

食物繊維の効果

デメリット

その一方でデメリットとしては、食べ過ぎによる体調不良です。
過剰にこんにゃくを食べるとお腹の中の水分が不足し、こんにゃくが腸の中で水分不足となり塊になることや、こんにゃく自体が繊維質なので、よく咀嚼をしてから飲み込むようにしないとこちらもまた塊のまま腸の中に送り込まれるため、最悪の場合腸閉塞による腹痛や体調不良などが起こる場合もあります。

ここでアドバイスとして3食のうち1食だけこんにゃくを置き換えてみると良いでしょう。一緒に水分を摂ることもわすれずに。

こんにゃくは、料理のレパートリーが少ないと、なかなか継続して食べるのが難しいメニューかもしれません。
ただ、糸こんにゃくなど様々な形状のこんにゃくが販売されているため、すでにある身近なメニューの代替え品として活躍しやすいという特徴もあります。

また、先にこんにゃくから食べると咀嚼回数を稼ぐことができ、食べ過ぎを抑えることもできるでしょう。
こんにゃくレシピについてはこちらをご覧ください。

こんにゃくダイエット≪レシピ≫


簡単に夕食の献立が決められてバランスのよい食事ができる

旬のオーガニックな野菜で食物繊維と栄養素を補おう

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決