RESTA

股関節ストレッチダイエットの効果とやり方

公開日:2017/08/09 最終更新日:2018/05/07 小泉 カナリア

「ダイエットを頑張っているのに、どうしても下半身だけ痩せない!」
「いつも足がむくんでしまって太く見えてしまう……」

そのように感じていらっしゃる方は、体のある部分が硬くなっている可能性があります。
それは「股関節」!
股関節が硬いと、下半身に脂肪がつきやすくなってしまうため、ダイエットをしてもなかなか効果が現れません。

しかし、昨年ヨガインストラクターであるEikoさんの著書『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』という本が大ブレイクしたように、多くの現代の日本人が股関節の硬さを感じていることと思います。

そこで今回は、股関節ストレッチのダイエット効果やストレッチのやり方を大公開!
下半身太りを解消したい方は、参考にしてみてくださいね。

股関節ストレッチのダイエットの効果

股関節を柔らかくすると、なぜ下半身のダイエットに効果があるのでしょうか。
まずは、その秘密に迫ってみましょう。

可動域が上がり、筋肉を使えるようになる

股関節を柔らかくすると、可動域が広がります。
この可動域を広げるということが、下半身痩せの大きな鍵。

股関節の周りには、あらゆる動きに対応するために23もの筋肉がついています。
この筋肉は、股関節を柔らかくして可動域が広げることで、しっかり使われるようになるんです。

筋肉を使えるようになると、消費カロリーも増え代謝もアップ!
下半身の脂肪も燃えやすくなります。

しかし、股関節が硬いと可動域が狭くなり、筋肉をあまり使えなくなってしまいます。
すると、下半身の脂肪がつきやすくなり、ダイエットしてもなかなか痩せられなくなってしまうというわけです。

リンパの流れがよくなり、むくみが解消される

そして、股関節を柔らかくすることでもうひとつのダイエット効果が得られます。
それは、むくみが解消されること。

股関節には大きなリンパ節が集まっています。
そのため、股関節を柔らかくするとリンパの流れがよくなり、下半身に溜まった老廃物の流れがスムーズになるのです。
するとむくみが解消されて、本来の足の細さをキープできるというわけです。

しかし、股関節が硬いと、リンパの流れが悪くなり、老廃物が下半身に停滞!
冷えやむくみを招いてしまうのです。

むくみは放っておくと、やがて醜いセルライトになります。
お尻や太ももの裏側に凸凹のセルライトがあるという方は、股関節の硬さに原因があるかもしれません。

骨盤のゆがみが整う

股関節のストレッチをすることで、骨盤のゆがみを整えることも可能です。

骨盤のゆがみは、下半身太りの原因のひとつ。
骨盤が歪んでいると、ぽっこりお腹になってしまったり、左右の筋肉のつき方に違が出てX脚・O脚を招くことに。

股関節ストレッチで骨盤のゆがみを整えると、X脚・O脚の改善にも繋がり、よい姿勢もキープしやすくなります。
美脚はもちろん、全身のダイエットにもよい効果をもたらします。

股関節ストレッチの方法

それでは、股関節を柔らかくするストレッチをご紹介します。
今は股関節が硬いと感じている方も、毎日続けていれば少しずつ柔らかくなってきますので、ぜひトライしてみてくださいね。

さするだけ!かんたん準備体操

股関節が硬すぎてストレッチも一苦労という方は、最初に軽く準備体操をしましょう。

方法はとても簡単!
開脚して、太ももの内側をさすったり、お餅をこねるようにマッサージするだけ。
すると、太ももの内側が柔らかくなり、ストレッチもしやすくなりますよ。

あぐらをかいてストレッチ

それではまず、テレビを見ながらでもできる、あぐらをかいて行う簡単なストレッチをご紹介します。

  1. あぐらをかいて、左右の足裏を合わせて、両手で足の甲を持ちます。
  2. 骨盤を立てて、背筋を伸ばします。
  3. 太ももを20回ほど上下に動かします。
  4. 息を吐きながら、自然に行けるところまでゆっくり前屈します。
  5. 息を吸いながら、元に戻します。

股関節の前側を伸ばすストレッチ

股関節の前側がよく伸びるストレッチです。
膝が痛くならないよう、マットを引くか、絨毯の上で行うようにしましょう。

  1. 両膝立ちになります。
  2. 右足を前方に出します。
  3. 両手は右膝に添えます。
    ※この際、腰が曲がらないように、骨盤を立てて上半身をまっすぐ保ちましょう。
  4. 息を吐きながら、ゆっくり腰を落として、右膝を曲げていきます。
  5. 息を吸いながら、ゆっくり元に戻します。

※反対側も同様に行います。

四股ふみストレッチ

お相撲さんがやっている四股をふむようなポーズで行う股関節ストレッチ。
ヒップアップにも効果があります。

  1. 両足を肩幅よりも少し広い幅に開いて立ちます。
  2. 両手を腰に当てます。
  3. 息を吐きながら、腰を深く落とします。
    ※このとき、腰が曲がらないように、骨盤を立てて上半身をまっすぐ保ちましょう。
  4. 腰を落としたまま、右の肩を前方に出して、上半身を左方向にねじります。
  5. ゆっくり上半身を戻します。
  6. 左の方を前方に出して、上半身を右方向にねじります。
  7. ゆっくり上半身に戻して、立ちの姿勢に戻ります。

寝ながらストレッチ その1

寝ながらできる股関節ストレッチです。
骨盤のゆがみを整えます。

  1. 仰向けに寝ます。
  2. 膝を外側に曲げて、両足の裏を合わせます。
    ※この際、腰が反らないように気をつけましょう。
  3. 股関節の伸びを意識しながら、上下に20回ほど、膝を軽くパタパタ動かします。
  4. ゆっくり足を伸ばして、元の位置に戻します。

寝ながらストレッチ その2

こちらも、寝ながらできる股関節ストレッチです。

  1. 仰向けに寝ます。
  2. 両手は左右に軽く広げます。
  3. 右膝を曲げます。
  4. 右膝で、内回しに大きな円を3回描きます。
    ※この際、肩が浮かないように気をつけましょう。
  5. 同様に外まわしで大きな円を3回書きます。
  6. 足を伸ばして、元の状態に戻ります。

※反対側も同様に行います。

日常で意識したい動作

以上のようなストレッチの他に、股関節を柔らかくするために意識しておきたい日常の動作があります。
忙しくてストレッチをする時間がなかなか取れないという方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

大股で歩く

大股で歩くことで、骨盤まわりの筋肉をしっかり動かすことができて、股関節のストレッチにも繋がります。

日本人、特に女性は、小股でちょこちょこ歩く方が多いですよね。
昔の着物姿であれば小股で歩く必要がありますが、現代の洋服文化では大股で歩くことも可能です。
股関節を刺激するためにも、身長の45~50%程のやや大股の歩き方を意識してみましょう。

その際、かかとから着地して、ふくらはぎがしっかり伸ばしながら、最後はつま先で蹴り出すようにしましょう。

横座りや足を組むのを控える

また、横座りや、足を組んで座る姿勢は、骨盤のゆがみを引き起こします。
股関節のストレッチで骨盤のゆがみを整えていくためにも、日頃からこれらの姿勢には気をつけましょう。

下半身ダイエットに絶大な効果を発揮する「股関節ストレッチ」。
ダイエット効果の他にも、けがを予防したり冷えを改善するなど、うれしいメリットがたくさんありますが、股関節は、加齢や運動不足で徐々に硬くなっていってしまいます。

しかし、ストレッチをしていくことで、徐々に柔らかくすることも可能!
今回挙げたストレッチを参考に、柔らかい股関節を目指して、美脚を手に入れてみませんか?

下半身の強化で痩せやすい体作りを

少しでも早く確実に痩せたいあなたにはパーソナルトレ―ニングがおすすめ!

  • パーソナルトレーニングジム ランキング

    一番安い料金のパーソナルトレーニングジムは?全額返金保証、専属トレーナーのいるジムは?完全個室のジムは?パーソナルトレーニングに関心があっても、どう選んだらいいのかわからないあなた!さまざまな視点で比較し、わかりやすくまとめました。あなたにピッタリのジムがきっと見つかります!
あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決