RESTA

気になる部分にアプローチ!ダンベルダイエット

公開日:2016/12/18 最終更新日:2018/05/01 小泉 カナリア

あらゆるダイエット法が提案される中で、ただ細くなるだけではなく、バランスのとれた美しいボディラインを手に入れたいと願う女性が増えてきました。

そこで注目したいのが「ダンベルダイエット」です。
人によって気になるお肉の部分は千差万別。
自分が気になる部分にアプローチできるので、無駄なく引き締まった体を手に入れることができるんです♪

過度な食事制限などで不健康に痩せても、決して美しくないということに、もうあなたは気づいているはず。

気になるお肉をスッキリ引き締め、ハリウッド女優のような凹凸のあるボディを目指しませんか?

ダンベルダイエットとは

ダンベルダイエットとは、その名の通り、ダンベルを使ってトレーニングすることで、引き締まったボディを作っていくダイエット法です。
男性が行うイメージがありますが、気になる部分に積極的にアプローチすることで、自分の理想的なボディラインを目指すことができるため、女性にもおすすめです。

ダンベルダイエットの効果

それでは、ダンベルダイエット効果についてチェックしていきましょう。

筋肉を増やすことで、基礎代謝が上がる!

ダンベルのトレーニングを続けることで、筋肉量が増えていきます。
それにより、基礎代謝がアップ
一日で消費できるカロリーが増えていくので、太りにくい体質が期待できます。
筋肉量の少ない女性だからこそ、筋肉を増やして基礎代謝をアップさせたいですよね♪

気になる部分を引き締めることができる!

「ウェストは引き締まっているけれど、二の腕がプヨプヨ」
「脚はまあまあだけど、お腹のお肉が気になる」
など、人によって気になる部分はさまざま。
ダンベルダイエットは、そんな自分が気になる部分を引き締めることができます。

決して肥満ではなくても、加齢や運動不足で、部分的にお肉がたるんでしまうこともありますよね。
そんなたるみにも、よい効果を発揮してくれます。

バストアップも夢じゃない!

ダイエットをすると、どうしても減ってしまう「バスト」。
激しい運動や、食事制限などでは胸ばかりが痩せて下がっていくような気がして不安ですよね。

一方、ダンベルダイエットは胸の土台となる大胸筋も鍛えることができるので、形のよいバストを期待できるんです!
これは、ダンベルダイエットでのうれしい副産物。
ただ痩せるだけじゃない、という秘密がココにありました♪

ダンベルダイエットのやり方

それでは、ダンベルダイエットの基本的なやり方をチェックしていきましょう。

ダンベルの重さは、女性であれば0.5〜3.0kgくらいが良いとされています。
ケガのないように、あまり無理のない重さでトライしていきましょう。

二の腕のプヨプヨ撃退トレーニング

多くの女性を悩ませる、二の腕のプヨプヨ。
体全体が痩せても、二の腕だけはなかなか落ちない・・・と悩んでいる方にも有効です。
特に猫背の方は二の腕がたるみがちなので、積極的に取り入れたいトレーニングです。

【使用するもの】
ダンベル 1つ
椅子またはベンチ

まず、右腕を引き締めたい場合は以下の通りです。

  1. 左膝と左手を椅子またはベンチにつき、前かがみの状態になります。
  2. 右手でダンベルを持ち、ゆっくり肘を後方に伸ばし、元に戻します。

これを10回〜15回3セットずつ、同様に、反対の腕も行います。
ポイントは、ゆっくりとした動作で行うこと。
急いで持ち上げると肘を痛めますので、注意しましょう。

ウェスト引き締めトレーニング

メタボリックシンドロームに代表されるように、ウェストの脂肪にお悩みの方も、ダンベルのトレーニングで引き締めることもできます。

【使用するもの】
ダンベル 2つ

  1. 足を肩幅に開いて、両手でダンベルを持ちます。
  2. ダンベルを持った両手を頭の上に持っていき、両肘を伸ばします。
  3. 腕を伸ばした体勢から、上半身だけを右側に倒し、元に戻します。
  4. 同様に、左側にも倒して元に戻します。

これを10回〜15回3セットずつ行います。

お尻が反らないように、恥骨を前に出して、しっかりと丹田に力を入れて立つことがポイントです。
特に、腰痛のある方は、気をつけて行ってください。

バストアップトレーニング

バストを高い位置でキープすることも、美しいボディラインには欠かせません。
大胸筋を鍛えて、美バストも手に入れましょう。

【使用するもの】
ダンベル 2つ

  1. 足を肩幅に開いて、両手でダンベルを持ちます。
  2. 胸の前で、両肘を伸ばします。
  3. 体の横まで、両腕を開いて元に戻します。

これを10回〜15回3セットずつ行います。

ダンベルダイエットの注意点

このようなダンベルダイエットですが、注意しておきたい点があります。

それは「トレーニングを行う日の間隔を開ける」ということです。

トレーニングによって、筋肉は一度損傷し、それが回復していく際に大きくなり強度を増していきます。

トレーニング後、少し筋肉を休ませることで、スムーズに回復されるので、トレーニングをしない期間が大変重要となってくるのです。
逆に、まだ損傷している期間にトレーニングを重ねると、損傷した状態が続き、筋肉を痛めてしまいますので、注意しましょう。

平均して、2、3日で回復されるので、間隔を開けた週2、3回のトレーニングに留めておくことをおすすめします。

美しいボディラインを目指すことができるダンベルダイエット。
しっかり筋肉を休ませる期間を取りながら、効率的に行って、シュッと引き締まった筋肉をつけてみませんか?

少しでも早く確実に痩せたいあなたにはパーソナルトレ―ニングがおすすめ!

  • パーソナルトレーニングジム ランキング

    一番安い料金のパーソナルトレーニングジムは?全額返金保証、専属トレーナーのいるジムは?完全個室のジムは?パーソナルトレーニングに関心があっても、どう選んだらいいのかわからないあなた!さまざまな視点で比較し、わかりやすくまとめました。あなたにピッタリのジムがきっと見つかります!
あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決