RESTA

基礎代謝アップ ストレッチ

公開日:2016/12/08 最終更新日:2018/05/02 resta編集部

基礎代謝とは何でしうょか?
人は、安静状態でも呼吸、心臓の鼓動、体温維持など様々な生命活動を行っています。
何もしていなくても消費される最小エネルギー代謝量のことを、基礎代謝というのです。

ただし、この基礎代謝は年齢とともに低下していく傾向があります。
これが下がってくると、脂肪燃焼効率も低下するので、脂肪が溜まりやすく痩せにくくなるのです。

そこで今回は、簡単に基礎代謝を高めることができるコツや、オススメのストレッチ方法を紹介していきたいと思います。

基礎代謝が上がるメリットとは?

基礎代謝が上がると、メリットはたくさんあります。

例えば、基礎代謝が高いことで筋肉が脂肪を燃焼し、太りにくい体がつくられます。
その他にも、体温が上昇することで血流が良くなり「冷え性の予防」や、体中に栄養たっぷりな血液を行き届かせることで、細胞が活性化するのです。
そのため「顔のツヤ」「お肌のハリ」「髪の毛のツヤ」などの効果が期待できます。

では、基礎代謝を上げるために重要なのは、何でしょうか?
体の大部分を占めている「筋肉」を鍛えることに他なりません。
というのも、筋肉量が多い人ほど脂肪燃焼効率が高まるため、スリムな体型を維持できるのです。

食事を我慢してスリムな体を維持するよりも、効率的に筋肉を鍛え、基礎代謝を高めることで、普段と同じ生活を送っていても、太らない体作りを実現することができます。

基礎代を上げるために、効率良く筋肉量を増やそう!

自宅でできる基礎代謝を高めるスクワットストレッチ

なぜ、スクワットストレッチが、基礎代謝を高めるのでしょうか?

実は、筋肉は体の中で半分以上が、「下半身」に集まっています。
下半身を重点的に鍛えることで、効率良く体に筋肉がつけることができ、結果として体全体の筋肉量が増加し、基礎代謝が上昇するというメカニズムです。

その下半身を鍛える方法をご紹介します。

<やりかた>

肩幅に足を広げ、手は頭の後ろで組んだ状態でスタンバイ。
お尻を突き出し、体をゆっくりと下に落としていきます。
これを10回行います。

<注意点ポイント>

筋肉の少ない人がすると、10回でもきついストレッチになりますので、無理をしないようにできる回数からチャレンジしましょう。
ただ単純に腰を落とすだけでは、十分な下半身への負荷とはなりません。
ポイントは、お尻をしっかりと後ろに突き出すことです。
また、呼吸法も重要で、しっかりと息を吐きながら腰を落とし、腰を上げる時にはゆっくり空気を吸い込むようにしましょう。
この時、口で息を吐き、鼻で空気を吸い込むようにすると効果的です。

どこでもできる肩回しストレッチ方法

筋肉は体全体と繋がっているので、肩回しを行うことで体全体の筋肉に効率良く刺激を与え、特に上半身の筋肉を鍛えることができます。
また、この肩回しストレッチ法は、五十肩などにもおすすめです。
普段使わない筋肉を動かすことができ、比較的負荷の少ないストレットのため幅広い年齢の方でも行うことができます。

<やりかた>

直立で立ち、両手を真横に伸ばして、手のひらは壁を押すようなつっぱった状態を維持。
腕を小刻みにぐるぐる前側に10回まわす。
次に、逆回りを10回行う。
これを3セットやります。

<注意点ポイント>

すぐに負荷がかかり、腕を伸ばすだけでもきつく感じることがあります。
疲れてくると徐々に腕が下に下がっていくため、下げない注意が必要です。
負荷の分だけ筋肉に刺激を与えていますので、腕が下がってしまうと負荷が減ってしまいます。
少しでも長く高い位置に腕を固定しておくようにしましょう。

どうしても3セットできないという場合は、1セットの回数を5回に減らして、慣れてきたら徐々に回数を増やしても良いです。
回数も大事ですが、あくまで目安なので、筋肉の疲れ具合をみながら行いましょう。

お相撲さんの気持ちになって行う四股ストレッチ

下半身に均一な負荷をかけられる、四股ストレッチがオススメです。

相撲の世界では、股割りは相撲を始める前の柔軟体操の1つとして行われています。
実はこの股関節がポイントで、股関節周りの柔軟性が低いと、股関節周りの筋肉がうまく使えません。
うまく使えない筋肉がある場合、その部位の脂肪が燃焼されづらくなり、結果として脂肪がたまりやすくなるのです。

股関節を柔軟にしておくことは、怪我の予防はもちろんのこと、基礎代謝を高める重要なことと言えます。

<やりかた>

両足を大きく開いて、立ちます。
背筋を伸ばしたまま腰を落とし、その状態をキープ。
キープしている時間帯が長ければ長いほど、下半身に対して均一に負荷をかけることができます。

<注意点ポイント>

特別な道具も必要なく、時間さえあればできるといのもこのストレッチ方法の優れたポイントです。
腰を落とす目安は、両太ももが床に平行にある位置まで落とすことが理想です。
深く腰を落とすことができれば、短い時間姿勢をキープするだけでも、基礎代謝の高い人であればポカポカと体が温まってくるでしょう。
それだけに腰を落とす高さというのは重要なので、意識してみてください。

基礎代謝を高めるストレッチで気持ちの良い汗をかきながら、スリムなスタイルを作っていきましょう!

少しでも早く確実に痩せたいあなたにはパーソナルトレ―ニングがおすすめ!

  • パーソナルトレーニングジム ランキング

    一番安い料金のパーソナルトレーニングジムは?全額返金保証、専属トレーナーのいるジムは?完全個室のジムは?パーソナルトレーニングに関心があっても、どう選んだらいいのかわからないあなた!さまざまな視点で比較し、わかりやすくまとめました。あなたにピッタリのジムがきっと見つかります!
あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決