RESTA

体が硬いと太るって本当?

公開日:2017/05/31 最終更新日:2018/04/12 鈴りんりん

あなたは、「体が硬いのと太りやすさは関係している」ということを聞いたことはありませんか?
実際のところ、体の硬さ・柔らかさと太りやすさは関係しているのでしょうか。
今回は、体の硬さと太ることの関係性についてご説明していきます。
併せて体を柔らかくする方法をご紹介しますので、体が硬いことでお悩みの方は必見の記事ですよ。

体が硬い原因について

体が硬い原因についてご存知でしょうか。
「年齢のせい」「運動の得意不得意」様々なことが考えられるかと思います。
実際のところ、どのようなことが原因で体が硬い状態になってしまうのでしょうか。

体が硬い最大の原因は、関節の可動範囲が関係しているといわれ、この可動範囲を決めるのは「筋肉」と「じん帯」の力が関係しています。
筋肉の発達具合で、関節の可動範囲が広くなったり狭くなったりするのです。
普段から筋肉を動かす習慣のない人は、筋肉の力がどんどん弱まっていき、関節の可動範囲が狭まってしまいます。
体の硬さを気にされている人は、普段からストレッチを行うなどのトレーニングが大切なのです。

体が硬くなる理由はこちら≫硬い体をほぐしてダイエットもチェック!

体の硬さは生まれつき?関係性はあるの?

体の硬さは生まれつきと考えている人も多いようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

体の硬さには個人差があるものの、生まれつき硬い・柔らかいということはあまり関係ないようです。
先ほどご説明した通り、体の硬い原因は関節の可動範囲が関係しているといわれています。
小さいころから柔軟性を鍛えるような運動を積み重ねていたか否かでも大きく変わるようです。
「今まで運動とは無縁だったから、この先も体が硬いままだ・・・」と不安に思っている人もいるようですが、これから筋肉のを鍛えることを意識した動きをしていけば体は柔らかくなっていくのでご安心ください。

体を柔らかくすると痩せるって本当なの?

体の柔らかさと痩せやすさは関係があるのでしょうか。

ダイエットを考えているのであれば、体を柔らかくするところから始めることをおすすめされます。
その理由は、体が硬い状態だと筋肉の働きも弱いからです。

これは十分に体を動かすことが出来ないだけでなく、すぐに疲れてしまい運動を中断してしまうことが多くなります。
その結果、運動の効果を得ることが出来ないまま、あまり効果のないダイエットを続けてしまうことに繋がるのです。
運動の楽しさ・やりがいは、しっかりと体を動かせることにあるともいわれています。
自分の思うように体を動かせないと、運動も楽しくなくなってしまい、徐々に運動から遠ざかってしまうのです。

体を柔らかい状態にすることで疲れにくい体を作り上げることができるだけでなく、基礎代謝が上がり血行促進にも繋がっていきます。
基礎代謝が上がるとカロリー消費も多くなるので、ダイエットとしては嬉しいですよね。

痩せやすい体を手に入れるためには、しなやかな体つくりからスタートさせましょう。
次の項目で、硬い体を柔らかくする方法をご説明します。

簡単!硬い体を柔らかくする方法

硬い体を柔らかくする方法をご紹介していきます。

ストレッチ①:首のストレッチ

ストレッチを開始する前に、ウォーミングアップとして首のストレッチを行いましょう。
力を抜いた状態で左右に首を倒したり、首を回していきましょう。
ストレッチ効果だけでなく、肩こりにも効果があるといわれています。
首は大切な部分ですので、激しく動かしたりせずにゆっくりと動かしましょう。

ストレッチ②:肩甲骨のストレッチ

肩甲骨のストレッチは、簡単な動きでありながら体全身の血行を良くしてくれる働きがあります。
肩甲骨を意識しながら両腕を頭の上へ上げます。
両手を広げた状態で、徐々に腕を下げていきます。
胸の位置に両手が来たところで10秒間キープしましょう。

ストレッチ③:背中のストレッチ

正座の状態で座ります。
腰から倒れるようにゆっくりと体を床へ近づけていきます。
ご自身が気持ちが良いと感じるところまで腕を伸ばしていきましょう。
背中のストレッチを行うことで、背中全体の無駄な脂肪を落とす働きがあります。
深い呼吸を意識しながら行うと尚良いでしょう。

ストレッチ④:腰のストレッチ

テーブルに両手をかけ、両足で立ちます。
床・天井・壁側に体が引っ張られるような感覚を意識しながら体全身の伸びを行います。
この際に注意するべきポイントは姿勢です。
腰や足が曲がっている状態では効果は薄いです。
姿勢を意識しながら行うようにしましょう。

ストレッチ⑤:股関節のストレッチ

床に座り、足の裏同士を合わせて座ります。
頭を床に近づけるように体を持っていきましょう。
ご自身が心地よいと感じる部分で体勢をキープします。
股関節周りの筋肉をほぐすだけでなく、筋肉も鍛える効果があります。

自分の開脚度合いのわかるシートが付きです。

今回は、体の硬さと太りやすさの関係性についてご説明しました。
体が硬い理由は、関節の可動範囲が関係していたのです。

体の硬さが太りやすさと関係していると思われがちですが、様々な体質の人がいますので一概に言い切ることはできません。
しかし、体が硬い状態よりも柔らかい状態であった方が良いに越したことはありませんよね。
是非この機会に今回ご紹介したストレッチ方法を行って、しなやかな体つくりを行ってくださいね。

他にもストレッチをご紹介しています。

硬い体をほぐしてダイエット

少しでも早く確実に痩せたいあなたにはパーソナルトレ―ニングがおすすめ!

  • パーソナルトレーニングジム ランキング

    一番安い料金のパーソナルトレーニングジムは?全額返金保証、専属トレーナーのいるジムは?完全個室のジムは?パーソナルトレーニングに関心があっても、どう選んだらいいのかわからないあなた!さまざまな視点で比較し、わかりやすくまとめました。あなたにピッタリのジムがきっと見つかります!
あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決