RESTA

ホットヨガでダイエット

公開日:2018/03/29 最終更新日:2018/04/03 kaco

ヨガといえばインド発祥ですが、今となってはエクササイズとして世界中でブームですよね。その中で様々なヨガのスタイルや流派が確立され、個人の目的や特徴に合わせて自分に合ったヨガを選択できるようになりました。

今回はそのたくさんあるヨガの中から、ダイエット効果が高いとされるホットヨガにフューチャーして見ていきましょう。

ホットヨガとは?

様々な流派の起源とされているハタヨガから派生したヨガの一つ。
身体の柔軟性が一番高まると言われている室温38度~40度前後、湿度55%~60%程度の室内で行われるのが特徴的なヨガです。この高温多湿な環境でストレッチしたり、ヨガのポーズをとっていくのです。

実はホットヨガ発祥の地は日本なのです。日本にヨガを普及しようとしたインド人が、日本の寒さで思うようにヨガができないと暖房器具を使ったことがホットヨガの起源とされています。
そして海外で更に進化を遂げ、逆輸入の形で今のホットヨガが広まったのです。

また、他のヨガと違い、自宅でDVDや本を見ながらやりましょという身体一つでできるようなヨガではなく、上記室温と湿度が備えられているホットヨガのためのスタジオでのみ体験ができる特殊なヨガですが、今ではホットヨガスタジオ完備の教室が選べるほど多く存在しています。

ホットヨガでダイエットできる?

ずばり!できます。結論から言うと、ホットヨガでは健康的に美しく痩せられます。高温多湿の状況で、ただそこに居るだけでも息苦しく汗をかきます。

その上、ゆったりとしたヨガを行うだけで、じわ~と発汗作用があり、筋肉も早い段階で柔軟になり無理なく筋肉を伸ばすことができます。よって、体幹が鍛えられやすく新陳代謝が上がる効果が期待できるのです。
また、冷え性の方は時間をかけずに体を温めることができ、脂肪燃焼効果も高まり一石二鳥に。

ホットヨガの効果

先述したように、早い段階で身体を温めることができ、軽い運動量で効率よく汗をかける有酸素運動のホットヨガ。
汗をかくということは、余分な水分や老廃物を汗と共に体外に排出してくれるということ。

しかし、初めの内は体内の水分量が減って体重が落ちているだけのことも。
継続してホットヨガを行うことで、脂肪を溜め込まない燃焼しやすい身体を手に入れられるのです。

どのくらいで効果が出てくる?

やはり始める前にどのくらいの期間で効果が出るかな?と目安を知ることで、やる気も沸いてきてモチベーションも保たれますよね。

ホットヨガのダイエット効果を得られるのは個人によって違うという大前提ですが、週2~3回通って最低3ケ月と言われています。これを長いと見るか短いと見るか。

「忙しくて週一回通うのが限度だ」という方は、効果が出るのは半年くらいと思った方が良さそうです。しかし、週一回しか通えなくても自宅でヨガのポーズの練習をすることで、より効果を早めることはできるはずです。

そう、じっくりと体質を改善してボディメイクをするホットヨガは、一時の体重減少をするようなリバウンドしやすいダイエットと違い、根本からの痩せやすい身体を作っていくという、結果ダイエットに直結する方法なんだと捉えましょう。
よって、長いスパンで考えると、理に叶った健康的なダイエット法と言えるかもしれませんね。

ホットヨガのメリット、デメリット、注意点

ホットヨガのメリットやデメリット、注意点を知っておくことで、取り組む姿勢や心構えを習得しておきましょう。

メリット

非日常の環境下で行うホットヨガは、それだけでストレス発散にもつながり、新陳代謝の向上や筋力UPで体力も付き、老廃物を排出するデトックス効果によりすべすべお肌にもなれちゃいます。

また、遠赤外線効果で冷え性の改善や、少しの運動量でも脂肪を燃焼する身体を手に入れることができるなど体質を根本から改善できるのです。

血行促進=冷え性改善=肩こり改善=ストレス解消=美肌効果 と嬉しい連鎖が。

デメリット

先述したように、じっくりと痩せやすい身体を作るため、早くに結果を出したい方には短期間ではダイエット効果が出にくいという難点が。

ということは、ホットヨガスタジオに長期間通わなければなりません。週に2~3回通うとなると、お財布事情と相談しなければなりませんね。

そして、レッスン後は栄養を吸収しやすい身体になっているため、レッスン後2時間は食事をしない方が良いです。たくさん汗をかいたしビール!なんて丸々台無しになってしまうことも。

また、高温多湿で行うレッスンでは大量の汗をかくので、レッスン後はシャワーをしたり着替えたりとレッスン以外で時間がかかることと、タオルや着替え等荷物が多いこともデメリットの一つかも。

ホットヨガをはじめるにあたっての注意点

ホットヨガでなくてはならないのは、水分補給です。大量の汗をかくのでレッスン中でも我慢することなく水分を取りましょう。

高温多湿での運動に慣れたからといって、体調不良でふらついたり呼吸が苦しくなったりしたら、無理をせずに中断し休憩しましょう。

ホットヨガレッスン前2時間も食事をしないようにしましょう。消化が悪くなり具合が悪くなってしまうことも。
その他、自身が通うホットヨガスタジオで、再度注意点を確認することをお勧めします。

ホットヨガで痩せない人ってどんな人?

ホットヨガを始めたのに痩せない!なんて方、いらっしゃると思います。ダイエット目的でホットヨガを始める方が大半を占めるかと思いますが、やはりダイエット目的の方は早くに目に見える結果を求めてしまいがちです。

ホットヨガでは、体質を改善してバランスの良い体型を作るというボディメイクを目指しているので、ダイエット効果が表れるのは必然でありながら、おまけみたいなものと思っていた方が良いですね。でも、おまけは後から必ずやってきますよ。

ホットヨガは即効性のあるダイエット方法だと思っていませんか?

ホットヨガを始めて間もないのに、まだ痩せない・・と言っていませんか?
諦めずにもうちょっとがんばってみて下さい。必ず効果は表れます。じわじわと身体の内側から変化している途中なんですよ。

ホットヨガのあとの食事は大事

ホットヨガレッスン後は、めちゃめちゃ「やった感」があります。その「やった感」が曲者なのかも。「たくさん汗かいて体を動かしたし、少しくらい・・」と余計なものを食べていませんか?ホットヨガは意外にカロリーは消費されていないので、それを上回る食事をしたら、逆効果に!

レッスン後吸収率が高いとされる2時間は食事をしないようにし、水分補給に留めておきましょう。
そして普段からバランスの取れた食事を心掛けなければいけないのは、他のダイエットでも同じですね。

以上、ホットヨガは負荷が少なく体力的にも無理なく長く続けられるヨガです。
何といってもレッスン後の爽快感は格別です。

すぐに効果を求めるダイエットは長く続かずリバウンドしやすいもの。何事も一朝一夕ではいかないのが世の道理です。
即効性のあるその場しのぎのダイエットよりも、継続的に楽しみながら目標を持って行うホットヨガで、真からの痩せやすい身体を手に入れられる方が長い人生お得ですよね。

ちょっとすごい空中ヨガ≪エアリアルヨガ≫のダイエット効果とは

昼ヨガの効果とダイエットにおすすめのポーズ

夜ヨガの効果とダイエットにおすすめのポーズ

朝ヨガの効果とダイエットにおすすめのポーズ

ルーシーダットン(タイ式ヨガ)のダイエット効果とは?

ヨガダイエットに効果的なポーズ

瞑想ダイエット(マインドフルネス・ダイエット)の効果とやり方

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決