RESTA

柿の葉茶ダイエットの効果

公開日:2017/11/02 最終更新日:2018/04/25 resta編集部

秋にたわわに実る柿。
果実として美味しいだけでなく、その木の葉も「柿の葉茶」として昔から親しまれてきました。
健康茶としてだけでなく、美容効果やダイエット効果も高いことが明らかになり、柿の葉茶ダイエットとして注目されはじめています。
そこで今回は柿の葉茶の持つ効果・効能について詳しくご紹介していきたいと思います!

柿の葉茶の持つダイエット効果

医療の発達していなかった中世の頃から戦前まで秘薬と呼ばれていたほど、さまざまな効果を柿の葉茶は持っています。
まず、柿の葉茶を飲むとなぜダイエットにつながるのか、その理由から見ていきましょう。

タンニンによる効果

熟しきれていない柿を食べると独特の渋みやエグ味を感じることがあると思います。
この渋み・エグ味がタンニンなのです。
タンニンは柿の葉茶にも含まれており、次のようなダイエット効果を発揮してくれます。

  1. 脂肪の分解を促進し、さらに脂肪の吸収を阻害する
  2. 血液中のコレステロールを減少させる
  3. コレステロールの抑制作用などで血流の流れを良くし、基礎代謝をUPさせる

以上のような働きで、太りにくく痩せやすい体質へと導いくのです。

カリウムによる効果

柿の葉茶はカリウムも豊富に含んでいます。
カリウムは利尿作用に優れており、体内の不要な水分や老廃物を尿として排出します。
老廃物が排出されやすくなれば、さらに代謝が良くなり痩せやすくなります。
むくみも改善されるので、それだけでダイエット効果を実感できる人もいると思います。

ご紹介したこれらの成分の働きにより、柿の葉茶はダイエットにも効果があると認められるようになったのです。

柿の葉茶ダイエットのやり方

1日2~3杯の柿の葉茶を飲み続けるとてもカンタンなダイエット方法です。
熱湯ではなく、70~80度のぬるめのお湯で淹れて飲んでください。

ただし、3杯以上は飲まないようにしましょう。
また、空腹時にも飲まないようにしてください。

脂肪の分解を促進する効果があるので、食事と一緒もしくは食後に飲むのがオススメです。
柿の葉茶ダイエットの効果を実感できるよう、お湯の温度・飲むタイミング・1日3杯までのルールだけは守って続けるようにしてください。

柿の葉茶の注意点

ダイエット効果の高いタンニンですが、早く痩せようと摂取しすぎると副作用が出てしまうことがあります。
特に貧血気味な人はタンニンを過剰摂取すると、鉄分の吸収が妨げられてしまうので注意が必要です。

また便秘気味な人も飲む量は注意してください。
タンニンは下痢止め作用があるため、さらに便秘がひどくなってしまうこともあります。

熱湯で柿の葉茶を入れてしまうとタンニンが出やすくなってしまうので、ぬるめのお湯で淹れるようにして、過剰摂取しないようにしましょう。
1日2~3杯の適量であれば問題は出にくいですが、調子が悪くなるようであれば飲む量を控えるようにしてください。

柿の葉茶の作り方

市販されているものも多くありますが、ご自宅や近所に柿の木がある場合はカンタンなのでぜひ手作りしてみてください。
自分で作ったものであれば、安心してダイエットを続けていかれます。

  1. 5~6月頃のやわらかい若葉の柿の葉を取る
  2. 水洗いでしっかり汚れを落とし、大きめのザルなどに広げて2~3日陰干しする
  3. 陰干ししたら、葉を5mm~1cm四方に細かく刻む
  4. 蒸し器に葉を入れて1~2分、湯気で蒸す
  5. 粗熱が取れたら、5日~1週間程度また陰干しする
  6. 完全に乾いたら、保存容器に入れて保存する

蒸すのが面倒な場合は省いて、陰干しで完全に乾燥させてもできあがります。
ただ、蒸すことでアクがなくなり飲みやすくなるので、ひと手間かける方がオススメです。
完全に乾燥させておかないと、カビなどの原因になるのでしっかり陰干ししください。
湿気に弱いお茶なので、保存容器に乾燥剤を入れておけばさらに安心です。

できたお茶はぬるめのお湯で5分程度蒸らして飲みましょう。
薄緑色の色がつく間は成分がしっかり出ていますので、2煎目以降もお湯を足して楽しんでください。
はと麦茶ほうじ茶などとブレンドしても美味しくいただけますよ。

 

ダイエットだけじゃない、柿の葉茶のさまざまな効果

秘薬と呼ばれてきた柿の葉茶ですから、多くの健康効果や美容効果があるのが分かっています。
女性にうれしい成分もたくさん含んでいるので、ご紹介していきますね。

豊富なビタミンCによる美容&健康効果

数あるお茶の中でもトップクラスのビタミンC含有量を柿の葉茶は誇っています。
葉っぱ100gの中に1,000mgも含まれているんです。
ビタミンCは緑茶やレモンに多くあることが知られていますが、その10倍以上もの量を含有しています。

ビタミンCは熱に弱いから、お茶にすると壊れてしまうんじゃないの?と思いますよね。
柿の葉茶のビタミンCはプロビタミンC(ビタミンC誘導体)と呼ばれるもので、体内に入るとビタミンCに変換される特徴があります。
ビタミンCよりも熱への耐性があるので、お茶の中でも壊れにくく、効率よくビタミンCが摂取できるのです。

この豊富なビタミンCにより、美容面ではコラーゲンの生成を促進するよう働くことで、健やかな肌を保ちます。
さらに美白効果、シミやニキビ予防など美肌づくりにとその作用は幅広いです。

健康面では風邪の予防や症状の回復に効果を発揮してくれます。
風邪の回復に必要なビタミンCを野菜や果物から摂ろうと思うと、かなりの量が必要になりますが、柿の葉茶なら飲むだけで手軽にビタミンCを補給できるんです。

その他にもビタミンCには、ストレスを緩和するホルモンの生成を助ける働きもあります。
忙しさでストレスを感じやすい人は積極的に、柿の葉茶からビタミンCを摂るようにしてください。

ビタミンの種類と働き

豊富なポリフェノールによるエイジングケア&生活習慣病予防

ダイエット効果のあるタンニンもポリフェノールの1種ですが、これ以外にもケンフェロール・ケルセチン・ルチン・アストラガリンなどたくさんのポリフェノールを柿の葉茶は含んでいます。
ポリフェノールといえば、体内の活性酸素を除去して老化を食い止める働きがよく知られていますよね。
その効果により肌のシミやシワ、たるみなどの防止効果が期待できます。

ポリフェノールの効果

さらに「血管を強くし、血流の流れを良くする効果」「血圧を下げる効果」「血糖値の急上昇を抑える効果」などもポリフェノールにはあるので、動脈硬化・脳梗塞・心臓疾患・糖尿病など多くの生活習慣病の予防にも効果的だといわれています。

柿の葉にこれだけの成分があり、さまざまな効果・効能に驚きですよね。
1日2~3杯飲むだけでいいので、食事のお供にぜひ取り入れてみてください。

飲むだけで痩せる?お茶でダイエット

無理なくスリムを目指す 青いデトックスティー

  • 青の花茶

    甘いものがやめられない、ダイエットが続かない、最近スッキリしない・・・そんな方におススメなのが「青の花茶」です。5種類のハーブがブレンドされ、オリエンタルブルーの水色が抑制効果や心を落ち着かせる色であり、「リラックス」と「ダイエット」両方の効果に期待できます。

ハーブ茶を飲んで痩せ菌を増やそう

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決