RESTA

ハーブティーダイエットの効果

公開日:2017/05/09 最終更新日:2018/04/25 小泉 カナリア

心や体によい効果をもたらす飲み物として、女性に人気がある「ハーブティー」。
リラックス効果があるとして広く知られていますが、「ダイエット」にも優れた効果をもたらしてくれるのをご存じでしょうか。

今回は、そんな「ハーブティーのダイエット効果」に着目してみました!
ダイエット効果のあるハーブティーの種類や、基本的な飲み方などを解説させていただきます。

ノンカフェインの飲み物でダイエットにトライしたい方、ダイエット中の飲み物で迷っている方は、参考にしてみてださいね♪

ハーブティーとは

ハーブティーとは、ハーブを乾燥させて煮出した飲み物です。

さまざまな効能があることから、ヨーロッパでは古くから療法として取り入れられてきました。
数千種類ものハーブティーがあり、その多くがノンカフェインのため妊婦・授乳中の飲料としても重宝されています。

ハーブティーによるダイエット効果

ハーブティーの種類によって、次のようなダイエット効果を得ることができます。

デトックス効果

デトックス効果をもたらすハーブティーは、ダイエットのよいサポートとなります。
肝機能を強化する効果のあるハーブティーは、脂肪を分解したり、老廃物を排出する効果をもたらします。
また、利尿作用のあるハーブティーは、余分な水分を排出しむくみを解消する効果も!
むくみを放っておくとやがてセルライトになる可能性がありますので、こまめに解消しておくことが大切です。

代謝を上げる効果

血行促進作用や発汗作用があるハーブティーは、代謝を上げて太りにくい体質へと導いてくれます。

脂肪燃焼効果

数は少ないものの、直接脂肪を燃焼する効果があるハーブティーもあります。

食欲抑制効果

余計な食欲を抑制する効果があるハーブティーもあります。
食べ過ぎを抑え、正常な食欲をもたらします。

便秘解消効果

便秘を解消する効果のあるハーブティーもあります。
慢性的な便秘は消化・吸収を悪化させ、太りやすい体質になるため、ダイエットにおいては便秘を解消しておくことが大切です。

イライラ解消効果

ダイエット中は、食事制限などでイライラしてしまうこともありますよね。
そんなとき、リラックス効果のるハーブティーが精神的サポートになってくれます。

ダイエットに効果のあるハーブティー

それでは、具体的にどのハーブティーがダイエットのサポートになるのか、チェックしてみましょう。

フェンネル

古くから魚料理のスパイスとして取り入れられてきたハーブ「フェンネル」。

食欲を抑える香りを放つため、食べ過ぎの予防に効果を発揮します。
また、フェンネルには、発汗作用があるため、新陳代謝を活発にする働きもみられます。
余計な水分を排出する働きもあり、むくみの解消に効果を発揮するなど、ダイエットにおけるさまざまな効能があります。

マテ茶

ポリフェノールの1つであるフラボノイドを始め、ビタミンやミネラル類が豊富で「飲むサラダ」と呼ばれる「マテ茶」。
脂っぽい食事にも相性がよく、肉食に偏りがちな南米で、古くから家庭の嗜好飲料として親しまれてきました。

脂肪を燃焼する効果や、便秘を解消する効果、また、利尿作用があるためむくみを解消する効果があり、ダイエットにおいて優れたサポートとなります。

ただし、カフェインが含まれているので、妊娠中の飲用は避けましょう。

ダンディライオンルート

コーヒーに似た味わいを醸し出す「ダンディライオンルート」。

タンポポの根を乾燥・焙煎して作られるため「タンポポコーヒー」とも呼ばれています。

肝臓を強化する働きがあり、脂肪の分解や老廃物の排出などデトックス効果をもたらします。
また、カリウムが含まれており「おねしょハーブ」と呼ばれるほどの利尿作用があるとされ、むくみの解消にもよいサポートに!

また便を柔らかくする水溶性食物繊維を含んでおり、便秘の解消にもよい働きをもたらします。

ノンカフェインのため、妊娠中のコーヒーの代替品としても広く知られています。
妊娠中の体重増加が気になる方は、取り入れてみてはいかがでしょうか。

レモングラス

ススキのような細い葉で、トムヤムクンなどのアジア料理によく取り入れられている「レモングラス」。
レモンに似たフレッシュな香りを放ちます。

レモングラスは、血管を広げて血行を促進する作用があり、代謝をアップするサポートとなります。

ただし、妊娠中に多量に飲むのは避けた方がよいとされています。

アーティチョーク

地中海沿岸が原産の多年草「アーティチョーク」。
日本では、若いつぼみが食用として取り入れられてきました。

アーティチョークは、肝機能を強化する効果があるためデトックス効果がみられます。
また、利尿作用があり、むくみの解消にもよいサポートとなります。

カモミール

りんごのようなほのかな甘い香りで、日本でも人気のある「カモミール」。

カモミール自体には、脂肪燃焼効果などはありませんが、非常にリラックス効果が高くイライラを鎮める効果があるので、ダイエット中の精神的サポートとなります。

また寝る前に飲むと、安眠のサポートにもなるため、眠りの浅い方や、なかなか寝付けない方にもおすすめです。
質の良い眠りはダイエットにおいてもたいへん重要です!
睡眠とダイエットの関係についての記事もありますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

睡眠とダイエットの関係

ハーブティーの飲み方

それでは、ハーブティーの基本の飲み方をチェックしておきましょう。

  1. ポットとカップを温めます。
    ポットは、カフェなどで見かける「透明のガラス製のポット」がおすすめ♪
    色鮮やかなハーブティーの色や、茶葉の広がりを目で楽しむことができます。
  2. 茶葉をポットに入れます。
    1種類のハーブでもOKですし、相性のいい茶葉をブレンドさせてもOKです!
    すでにブレンドされたティーパックのハーブティーも使用してもよいでしょう。
  3. 沸騰したお湯を注いで、ポットの蓋をします。
    ぬるいお湯では充分に抽出ができません。95℃くらいのお湯を注ぐようにしましょう。
  4. 3~4分程度、蒸らします。
    茶葉の種類にもよりますが、あまり長く抽出するとえぐみが出て飲みにくくなってしまう場合があるので気をつけましょう。
  5. カップにお茶を注いでいただきましょう。
    このとき、茶葉の場合は茶こしを使って取り除き、ティーパックの場合は取り出しましょう。

ハーブアレンジ

このように、お湯を注いで飲む基本のハーブティーだけでなく、近年では、料理やお酒にもハーブを取り入れる「ハーブアレンジ」がトレンドとなっています。

近年ではハーブの専門店も増えてより身近になってきているので、ハーブを取り入れたレシピにトライしやすい時代!
自分の心身に合った「オリジナルハーブレシピ」を考案してみてはいかがでしょうか♪

ハーブティーダイエットの注意点

このように、ダイエットのよいサポートとなるハーブティーですが、あくまでも効果は穏やか
「ハーブティーを飲めばすぐに体重が落ちる」というわけではありません。
ダイエット中の「心身のサポートアイテム」として取り入れ、適度な運動やバランスの良い食事を心がけることが大切です。

 
ハーブティーはダイエットのサポートアイテムとして、心にも体にも優しい効果を発揮します。
素晴らしい植物のパワーを借りて、ダイエットの成功を目指してみませんか?

飲むだけで痩せる?お茶でダイエット

無理なくスリムを目指す 青いデトックスティー

  • 青の花茶

    甘いものがやめられない、ダイエットが続かない、最近スッキリしない・・・そんな方におススメなのが「青の花茶」です。5種類のハーブがブレンドされ、オリエンタルブルーの水色が抑制効果や心を落ち着かせる色であり、「リラックス」と「ダイエット」両方の効果に期待できます。

ハーブ茶を飲んで痩せ菌を増やそう

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決