RESTA

ココアダイエットの効果と方法

公開日:2017/01/12 最終更新日:2018/03/20 小泉 カナリア

甘くてあったかい、冬にぴったりのドリンク「ココア」。
実はココアにも、ダイエット効果があるのをご存知ですか?

ただし、ココアを取り入れたダイエットには、ちょっとしたコツが必要です。
今回は、そんなココアダイエットの方法やコツ、注意点をご紹介します!

美味しい「ココア」を飲みながらスリムな体まで手に入る、そんな楽しいダイエット、試す価値アリだと思いませんか♪

ココアのダイエット効果

ココアには、なぜダイエット効果があるのでしょうか?
まずは、その秘密に迫っていきましょう。

体内への脂肪の蓄積を抑制する!

ココアの原料であるカカオ豆には、脂肪の蓄積を抑制する効果があります。
特に、脂肪が蓄積されやすい夕食後に摂取するのが有効です。
満足感も得られるので、食事を腹8分目に抑えて、ココアでフィニッシュするなどして、ダイエット中のサポートとして、上手な取り入れ方をしてみてはいかがでしょうか?

不溶性食物繊維「リグニン」が、便秘を改善する!

ココアには、肥満の大敵、「便秘」を改善する効果があります。

その秘密は、他の食べ物に比べ、ココアに断トツに多く含まれている「リグニン」という成分にありました。

便通を促すことで知られる食物繊維には、水に溶ける水溶性食物繊維と、溶けない不溶性食物繊維の2つがありますが、この「リグニン」は、不溶性食物繊に分類されます。
不溶性食物繊維は、便のカサを増して、排便を促す働きがあり、便秘の改善に大変効果的です。

また、リグニンは、ポリフェノールのひとつでもあります。
ポリフェノールは、腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌を減らす働きもあるので、腸内のバランスを保つのに、大変よい働きをしてくれるのです。

このように、ココアに含まれるリグニンの「食物繊維」と「ポリフェノール」の2つの働きが、便秘の改善によいサポートとなります。
腸内環境がよいと、消化吸収もよくなり痩せやすい体質となるので、ダイエットでは便秘の改善も積極的に取り組みましょう♪

ダイエットと食物繊維の関係

「テオブロミン」と「ポリフェノール」が代謝をアップ!

ココアに含まれる「テオブロミン」という成分は、末端の血管を拡張して、血行を促進する作用があります。
血行を促進することで、体が温まり、ダイエットの大敵である「冷え」を改善して、代謝をアップさせてくれるのです。

また、同じくココアに含まれる「ポリフェノール」も代謝をアップする効果があるので、痩せやすい体づくりには、よいサポートとなります。

ポリフェノールの効果

リラックス効果があり、ダイエット中のイライラを解消!

ココアに含まれる「テオブロミン」という成分は、幸せホルモンといわれるセロトニンを分泌させ、リラックス効果をもたらします。

ストレスでつい食べ過ぎてしまう時や、ダイエット中でイライラしてしまう時などに、ココアの精神安定効果がよいサポートとなるでしょう。

実は、低カロリー!

ココアは甘くて太りそうなイメージがありますが、それは、一緒に加えられた砂糖や牛乳などによるもの。
砂糖など何も加わっていない純ココアは、大さじ1杯16kcalと、それほど多くはありません。

ココアダイエットの方法

それでは、ココアダイエットの具体的な方法をご紹介します。

純ココアを使おう!

市販のココアには、砂糖が加わっているミルクココアと、加わっていない純ココアがあります。
ダイエットの際には、純ココアを使用しましょう!

通常、純ココアは砂糖を加えてココアドリンクを作りますが、今回はダイエット目的なので、砂糖もカット!
純ココアに、水と豆乳(または牛乳)のみでドリンクを作りましょう。

また豆乳には、脂肪を燃焼する「大豆サポニン」という成分が含まれています。
その上、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンも豊富に含まれており、美肌効果などうれしい働きがたくさんあるので、できれば牛乳より豆乳がおすすめです。

豆乳でダイエットはできるの? ~その効果とポイント~

【ココアドリンクの作り方】1人分
食材 分量
純ココア 小さじ山盛り1〜2杯
50ml
豆乳(または牛乳) 120ml
  1. 小鍋に水を入れ、温めます。
  2. 温まったら純ココアを入れて、溶かしてペースト状にします。
  3. ココアが溶けたら、豆乳(または牛乳)を加えよく混ぜ、沸騰直前で火を止めて完成です。

生姜を加えると、さらに効果アップ!

先ほどの、基本のココアドリンクに、生姜を加えると、さらに代謝がアップして、ダイエット効果が上がります!
生姜の味がしっかり出てしまうので、飲みにくくならない程度に、少量のすりおろし生姜を加えましょう。
とても体が温まるので、冷え性の方にもおすすめです。

生姜ダイエットの効果と方法

1日1~2杯を飲もう!

このようにして作ったココアドリンクを、1日1〜2杯、飲みましょう。
特に、脂肪の蓄積を阻止しやすい“食後”がおすすめです。

また、ダイエット中にどうしても間食したくなった時に、ココアドリンクを飲むと、空腹感が紛れ、リラックスできます。

いずれにしても、1日1〜2杯程度に抑えておくことがポイントです。

 

ココアダイエットの注意点

砂糖は加えない!

ココアを作る際に、砂糖を加えたくなってしまいますが、今回はあくまでダイエットが目標!
砂糖は加えずに、純ココア+水+豆乳(牛乳)のみで作りましょう。
最初は甘さが物足りないと感じるかもしれませんが、慣れてくると、豆乳(または牛乳)のコクで、充分美味しく頂けます♪

飲み過ぎない!

ダイエット効果があるといっても、カロリーはあるので飲み過ぎては逆効果。
1日2杯までにとどめておきましょう。

ダイエット中の体にも、心にも、よいサポートをしてくれる「ココア」。
辛いダイエットも、優しいココアの働きで、なんだか乗り切れそうな気がしてきませんか?♪
ココアの作り方に注意しながら、上手に取り入れて、ダイエットの成功を目差しましょう!

飲むだけで痩せる?お茶でダイエット

無理なくスリムを目指す 青いデトックスティー

  • 青の花茶

    甘いものがやめられない、ダイエットが続かない、最近スッキリしない・・・そんな方におススメなのが「青の花茶」です。5種類のハーブがブレンドされ、オリエンタルブルーの水色が抑制効果や心を落ち着かせる色であり、「リラックス」と「ダイエット」両方の効果に期待できます。

ハーブ茶を飲んで痩せ菌を増やそう

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決