RESTA

カロリーが計れ食物繊維が増える炊飯器

公開日:2017/10/10 最終更新日:2018/05/08 小泉 カナリア

収穫の秋。
新米の美味しい季節がやって参りました!
しかしダイエッターにとっては、この“ごはんの美味しさ”が大きな罠になることもありますよね……

そこで今回はお米が大好きなダイエッターさんのために、とても魅力的な「炊飯器」を見つけてきました!

それはなんとごはんのカロリーが計れたり、食物繊維を増やすことができるという新感覚の炊飯器。

これなら食べ過ぎ防止や便秘の解消もサポートしてくれそうですよね♡
痩せたいけどごはんが大好きというダイエッターさん、要チェックです!

カロリーが計れる炊飯器

まず最初にご紹介したいのがこちら。

銘柄量り炊き IHジャー炊飯器 KRC-ID30-R(3合)

アイリスオーヤマからこの秋リニューアル発売された「銘柄量り炊き IHジャー炊飯器 KRC-ID30-R(以下、KRC-ID30-R)」、一体どんな機能がついているのか詳しく見ていきましょう。

1.よそったごはんのカロリーが計れる

KRC-ID30-Rには、よそったごはんのカロリーが表示される機能があります。

「カロリー」と書かれたボタンを押してごはんをよそうと、よそった分のカロリーが液晶画面に表示されるというシステム。

白米はもちろん、玄米やおかゆもそれぞれのカロリーで算出してくれる賢い機能です。

しかし、なぜよそうだけでカロリーがわかるのでしょうか?
その秘密は、“内釜から減ったごはん重さ”にありました。
よそったことで減った重さからカロリーを算出して、表示してるのです。

つい食べ過ぎてしまいそうなときも、目の前にカロリーが表示されたら「ドキッ」としてしまいますよね。
毎食、ごはんからどのくらいのカロリーを摂取したのか把握できるので、ダイエットや健康への意識が高まりそうです♪

2.銘柄に合わせた「量り機能」

また、「銘柄量り炊き」と名付けられたKRC-ID30-Rには、その名の通り「米の銘柄によって最適な水の量を教えてくれる機能」がついています。

計量できるのは、なんと全40銘柄。
その銘柄に合わせて5g単位で、最適な水量を表示してくれます。

まず米銘柄とかたさを指定して、内釜をセット。
洗米する前のお米を入れて計量ボタンを押すと、適切な水量が表示されます。

その後、洗米したお米入れて、水を加えていきます。
適量に達すると「OK」が表示されて完了。

お米は銘柄によって粒の大きさや成分が異なり、適切な水量が違います。
また目視での計量は、ズレが生じてしまうもの。

そこで「量り機能」が割り出したベストな水量で炊くことで、そのお米のポテンシャルを最大に引き出した美味しいごはんが炊き上がるというわけです。

3.下部を取り外せばIH調理器に大変身!

さらに、KRC-ID30-Rの下部は取り外し可能で、IH調理器としても使えちゃうんです!
160~200℃の5段階で調節可能で、なんと揚げ物ボタンまで搭載しています。

テーブルの上でゆっくりお鍋をしたいときや、コンロを使っているときに別の料理を加熱したいときなど、なにかと活躍してくれそうですね♡

食物繊維が増える炊飯器

そして、アイリスオーヤマからリニューアル発売されるもうひとつの炊飯器がこちら。

銘柄炊き 圧力IHジャー炊飯器 KRC-PA50-B(5.5合)

(以下、KRC-PA50-B)
こちらの炊飯器には、次のような機能が搭載されています。

1.食物繊維を増やす

KRC-PA50-Bでは、圧力や火力、加熱時間などを調整することで、おむすび、カレー、冷凍ごはん、すし飯、丼などそれぞれの料理に最適なごはんを、炊き上げます。

中でも、注目すべきは「食物繊維モード」!

これは、炊き上がったごはんの中に含まれる食物繊維の一種「レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)」を通常炊飯時と比べて、約2倍にしてくれる機能です。

レジスタントスターチは、小腸で消化されずにエネルギーになりにくいでんぷん。
しかも、便のかさを増やして腸のぜん動運動を活性化させる「不溶性食物繊維」と便を柔らかくする「水溶性食物繊維」の効果を併せ持っており、腸内環境を整える効果があります。

エネルギーになりにくい上に便秘を解消してくれる、ダイエッターにとってはうれしい成分なんですね。

このレジスタントスターチは、通常、加熱したでんぷんが冷やされることで作られます。
冷やごはんやおにぎりなどを使ったダイエットが話題となりましたが、それはこのレジスタントスターチの効果を狙ったもの。

レジスタントスターチダイエットについては、こちらに詳しく書かれているのでよかったら読んでみてくださいね♪

レジスタントスターチ ダイエット

しかし、レジスタントスターチを増やすためには、一度加熱してできたごはんを冷やさなくてはいけませんでした。しかも冷蔵庫で12時間以上冷やす必要があったんです。

その後、再加熱することは可能ですが、やはり炊き立てのおいしいご飯を味わいたいと思いますよね。

そこで、注目したいのがKRC-PA50-Bの「食物繊維モード」♪
一度ごはんを冷やさなくても、炊き立ての美味しいごはんのまま、2倍のレジスタントスターチが摂取できたらうれしいですよね!

便秘はダイエットの阻害する大きな原因。
消化吸収を悪くして代謝を下げて痩せにくい体になってしまいます。

便秘でお悩みの方は、この「食物繊維モード」がうれしい効果をもたらしてくれそうです。

2.銘柄に合わせて圧力が変わる

またKRC-PA50-Bには、お米の銘柄に合わせて圧力と火加減が変わるという機能も付いています。
対応しているのは主要な31銘柄。

その銘柄に適した圧力と火力調整により、お米の本来の美味しさを最大限に引き出して炊き上げてくれます。

食物繊維もアップして、銘柄に合わせて炊き上げたごはん。
ごはん好きにはたまらない機能といえますね♪

以上、アイリスオーヤマからこの秋リニューアル発売される2つの炊飯器について、解説してまいりました。
カロリーが計れる機能や食物繊維を増やせる機能など、ダイエッターはもちろん、健康志向の方には魅力的な炊飯器ですよね。

食の欧米化が進むなか、パンやパスタなどお米以外を食べる機会も多くなっていますが、やはりお米は日本人の心と体の元気の源。

また炭水化物は太るともいわれていますが、完全に抜いてしまうと栄養バランスが崩れてリバウンドを起こしてしまいます。

このようなダイエッターのサポートをしてくれる炊飯器で、美味しいご飯をじっくり味わってみてはいかがでしょうか♪

簡単に夕食の献立が決められてバランスのよい食事ができる

旬のオーガニックな野菜で食物繊維と栄養素を補おう

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決