RESTA

短期間ダイエットは何故リバウンドしやすいのか

公開日:2016/10/25 最終更新日:2018/03/07 resta編集部

ダイエットをはじめるならできるだけ早く結果を出したいという人がほとんどではないでしょうか?
最近ではプチ断食や糖質をカットした食事制限が人気。でも、短期間で体重を落とそうとするとかえって太りやすい体質になってしまうことを知っていますか?

いったいどうしてなのでしょうか?その理由をわかりやすく説明していきます。

短期間で体重を落としてしまうとリバウンドしやすくなる?

多くのダイエッターが経験することですが、ダイエットを始めてしばらくは順調に体重が減っていても、突然体重が全く減らなくなる時がやってきます。これが、いわゆる停滞期です。

目安として1ヶ月以内に5%以上の体重減少がみられると停滞期に突入するといわれています。個人差がありますが約1ヶ月程度続くことが多いようです。停滞期は「ホメオスタシス」とよばれる生命維持のための機能がはたらくことが原因です。

短期間ダイエットは短期間で結果を出そうとするため、体重減少のスピードが早くなりがちです。そのためゆるやかな目標ですすむ長期間ダイエットにくらべて短期間ダイエットは「ホメオスタシス」がはたらきやすい状態なのです。

体重が減るということは、摂取カロリーが消費カロリーよりも少ない状態が続いています。この状態をキープしていると、どんどん体重が減っていくかというとそうではありません。消費カロリーに対して摂取カロリーが低い状態が続いていると、人の体が「飢餓状態」だと認識してしまいます。ダイエットとして自ら摂取カロリーをおさえていたとしても、体は生命の危機を感じているのです。

「飢餓状態」だと認識されると「ホメオスタシス」がはたらきます。まず、脳から消費カロリーを節約するようにと命令が出されます。それだけではなく普段の食事から多めのカロリーを摂取しようとします。

そのためダイエット開始当初は「摂取カロリー<消費カロリー」だったのが、停滞期に突入すると「摂取カロリー=消費カロリー」へ近づいてしまいます。こうなってしまうと、同じ食事内容、運動内容では体重が落ちなくなってしまいます。

一度ホメオスタシスがはたらいてしまうと、しばらくはその状態が続きます。消費カロリーを節約し、摂取カロリーを多めにとろうとする状態とは、まさに「太りやすい」状態、「リバウンド」しやすい状態なのです。この状態で体重が減らなくなったからといって元の食事・生活に戻してしまうと・・・リバウンドしてしまうのは仕方ないことですよね。

短期間で結果を出すために食事制限をすると満腹感が得られなくなる?

普段ごはんを食べていて、しばらくすると満腹感が感じられると思います。食事によって摂取した脂肪が体内に吸収されると「レプチン」というホルモンが分泌され、満腹中枢を刺激することで満腹感が得られます。

しかし、短期間ダイエットでありがちな厳しい食事制限を続けていると、脂肪の摂取量が大幅に少なくなっています。そのせいでレプチンの分泌量が減り、満腹感が得られにくくなってしまいます。

食事制限を続けているとレプチンの分泌量が少ない状態が続きます。上で説明したホメオスタシスと同じでダイエットをやめたとしてもしばらくはレプチンの分泌量が少ない状態が続きます。食べても食べても満腹感が得られないという恐ろしい状態になるのです。これも「リバウンド」しやすい状態だといえます。

短期間ダイエットはあくまで短期目標で

以上のことから、短期間で結果を出そうと1か月間に5%以上の体重減少を目標としたり、摂取カロリーをおさえようと極端な食事制限をするとダイエット前より太りやすい体になるということがわかりました。

こうならないためにも、

  • 短期間ダイエットは1ヶ月5%以内の体重減少にとどめる
  • 極端な食事制限をせず、バランスの良い食事を心がける

ということを忘れないようにしましょう。

理想は短期間ダイエットを数回繰り返し、最終目標に達成するやり方です。
1ヶ月ごとに目標を設定し、無理な減量を行わないようにしましょう。
徐々に痩せていくことで体も慣れていき、痩せやすい体が手に入るはずです。

パーソナルトレーニングジム結局どこがおすすめ?比較してまとめました

  • パーソナルトレーニングジム ランキング

    一番安い料金のパーソナルトレーニングジムは?全額返金保証、専属トレーナーのいるジムは?完全個室のジムは?パーソナルトレーニングに関心があっても、どう選んだらいいのかわからないあなた!さまざまな視点で比較し、わかりやすくまとめました。あなたにピッタリのジムがきっと見つかります!
あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決