RESTA

睡眠とダイエットの関係

公開日:2017/02/14 最終更新日:2018/03/27 鈴りんりん

あなたは、ダイエットと睡眠が密接に関係していることをご存知でしょうか。
ダイエットというと、寝る間を惜しんでまで運動や、無理して食事制限をしたりと、ストイックなイメージがあるかと思います。

しかし、睡眠ダイエットはその名の通り「睡眠をとるだけ」で大丈夫なんです。
こんな楽チンなダイエットは本当にあるのでしょうか。

今回は、睡眠とダイエットの関係について詳しくご説明したいと思います。
今まで他のダイエットで挫折していた方は必見ですよ。

ダイエットと睡眠の関係について

質の良い睡眠がダイエットに繋がる

睡眠ダイエットに大切なのは、「質の良い睡眠」です。寝る前にご自身の身体のコンディションや寝室を整えることで、質の良い睡眠を作りやすくなります。

睡眠時間は7.5時間がベストといわれています。少し長いように感じる人もいるかと思いますが、この睡眠時間を取ることで、実は脂肪燃焼効果がグッと上がるのです。

毎日を忙しく送る人も多いかと思いますが、睡眠ダイエットの為にも睡眠時間を確保するようにしましょう。

ちなみに睡眠時の消費カロリーは約300キロカロリーといわれています。スポーツジムの1レッスン分相当のカロリーが消費されているのには、驚きですよね。

普通に睡眠をとっているだけで痩せていくので、「夢のようなダイエット」として、多くのダイエット志望者から注目を集めています。芸能人や女優さんなど、多くの人が実践しているそうですよ。

寝ている間に「痩せるホルモン」が分泌中!

成長ホルモン

成長ホルモンはダイエット作用だけでなく、私たちの健康な身体つくりに欠かせないホルモンといわれています。成長ホルモンの分泌が多ければ多いほど、新陳代謝が上がり、脂肪燃焼に繋がっていきます。

筋肉量も増えるといわれており、身体づくりもしっかりとサポートしてくれます。
この成長ホルモンが一番分泌される時間帯は22時~2時の間といわれています。この時間の間に眠りについているのが理想的といわれています。

レプチン

レプチンには、食欲を抑える働きがあります。レプチンは睡眠中に分泌されるので、空腹に耐え切れずに目が覚めてしまうという心配はありません。

またこのレプチンは、食事を始めてから20分後に分泌され始めます。ごはんをゆっくりと食べることで、食べすぎることを阻止してくれる働きもあるそうですよ。

必要以上に食事を摂らないことを心がけることで、胃も小さくなり、普段から小食でも満足できる身体づくりへと繋がっていくのです。

食欲のしくみ

コンチゾール

コンチゾールとは、ストレスを感じた時に分泌されるホルモンの一つです。ちょっとしたイライラも積み重なることにより身体に影響を及ぼすといわれています。

他にも、基礎代謝を下げるというデメリットも持っており、分泌量が多いと脂肪を燃焼しにくい身体になりかねません。

質の良い睡眠を心がけることで、コンチゾールの分泌は押さえられるといわれています。身体の中をストレスフリーの状態できれば、心も身体も健康になれるというわけなんです。

睡眠不足は太りやすくなる?

睡眠不足は太りやすい身体になる理由は何なのでしょうか?

それは、睡眠不足の際に分泌されるホルモンのグレリンが影響しているといわれています。
このグレリンには、食欲をアップさせる働きがあります。睡眠不足になると体内にグレリンが増加していき、睡眠時に分泌されるホルモン「レプチン」が減少していってしまうのです。

日々の睡眠でグレリンを増やさないようにすることが、ダイエットにおいてとても大切なポイントになります。

睡眠ダイエットのポイント

ずっと寝ていてはいけません

睡眠がダイエットに効果的だと言っても、1日中ダラダラと寝るのは逆効果です。
規則正しく7.5時間の睡眠を習慣付けるようにしましょう。

就寝前は気持ちを落ち着かせる

質の良い眠りを心がける為にも、就寝前は気持ちを落ち着かせリラックスした状態にすることを心がけましょう。コーヒーを飲んだり、激しい運動をしてしまうと、身体が興奮状態になってしまい、眠りにつきたくてもなかなか眠れなかったり、浅い眠りになってしまう恐れがあります。

寝る前には、ノンカフェインの紅茶やハーブティーを飲んで心を落ち着かせたり、簡単なヨガのポーズをとってストレッチしてみることをおすすめします。

適度な運動は心地のよい疲れへと繋がり、質の良い睡眠へとつながっていきます。

無理なくスリムを目指す 青いデトックスティー

  • 青の花茶

    甘いものがやめられない、ダイエットが続かない、最近スッキリしない・・・そんな方におススメなのが「青の花茶」です。5種類のハーブがブレンドされ、オリエンタルブルーの水色が抑制効果や心を落ち着かせる色であり、「リラックス」と「ダイエット」両方の効果に期待できます。

スマートフォンの見過ぎには注意!

スマートフォンの普及により、多くの人がスマートフォンを持っています。
就寝前のSNSチェックを日課にしていませんか?まさにこの行動が、睡眠の質を悪くしてしまうのです。

スマートフォンの画面の明かりを見続けることは、脳にとって刺激となってしまいます。
その結果、睡眠前に興奮状態に繋がってしまうのです。

スマートフォンを操作したい気持ちは分かりますが、質の良い睡眠・睡眠ダイエットのためにもグッと我慢することをおすすめします。

寝室の空間を整える

質の良い睡眠をとるためには、寝室の空間を整えることが大切です。寝室をアロマの香りで満たしてみたり、寝室を温かくしてリラックスして寝れるように工夫してみてください。心も身体もゆったりとした気持ちになれますよ。

質の良い睡眠を心がけるだけでダイエット効果が得られるのは嬉しいですよね。
是非この機会に、睡眠ダイエットを試してみてくださいね。

自律神経を整えると痩せる理由

あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決