RESTA

筋肉はなぜ大事?ダイエットに効果的な筋肉を鍛える方法(筋トレ)

公開日:2018/03/13 最終更新日:2018/03/14 resta編集部

すぐに結果を出したいダイエット。矢継ぎ早に手を出しがちなのは、とにかく食べないで痩せる『断食』や『置き換えダイエット』ではありませんか?

食べないで痩せるのは当たり前ですよね。運動せずとも身体の各器官は休みなく働いているんですから、身体に何も入れなければ、蓄えている栄養素を消費する一方で引き算方式で痩せるというわけです。

その代わり、少しでも食べ物を身体に入れると最大限の栄養を摂ろうと過剰摂取しがちになり、リバウンドの原因になりますよ!

置き換えダイエットも一食を栄養素入りのドリンク等で代用するものですが、本物の食事から摂る栄養素とは段違いであり、キレイになりたいはずなのにホルモンの分泌が減少し肌荒れの原因にもなります。

そう、このような運動せずに食事制限だけのダイエットはリバウンドしやすく、そしてとっても危険なのです!
筋肉が体内で働き、いらない脂肪を燃やしてくれる運動は、ダイエットには必要不可欠ということを知っておきましょう。

なぜ筋肉が必要なのか?

私たちは日常生活において、『筋肉を使ってるなぁ』とあまり意識しませんよね。無意識に筋肉を使って生活し、そしてそれが当たり前のことだからです。

けれど、歩いたり、物を取ったり、笑ったり、食事をしたりと私たちは筋肉を常に使っています。人間の身体は、最低限の動きをするだけでも筋肉を使うので、筋肉がなくなるということはありませんが、筋肉量が減れば血流が悪くなり冷えを誘発してしまったり、疲労が溜まりやすく、疲れやすい身体になってしまうんです。

例えば、寒い冬は身体が縮こまり、動かなくなりがちですよね。
人は寒いと、背中を丸め前傾体勢になり、身を縮めてしまいます。これは、身体の中心にある大切な臓器を冷やさないように守ろうと自然に丸―くなってしまうんです。

肩は内側に入り込み首も縮まって、寒気を少しでも遠ざけようとし、それに伴い筋肉も縮みこむ・・・どう見ても悪い姿勢ですよね。

猫背は太る!猫背を直すと痩せる理由と直し方


でも、身体を動かさないことは逆効果。使わない筋肉の量は減り、熱量を蓄えられず、いつまでたっても寒さから逃れられない身体になってしまい、脂肪をどんどん溜め込んで寒気から身を守ろうとブクブク太る原因になってしまうんです。

食べなければ体重は減りますが、筋肉の量も減ってしまいます。活躍してくれる質の良い筋肉をつけるためには、質の良い食事をしなければいけません。お料理の視覚臭覚からの満足度は、心をも豊かにしてくれますしね。

筋肉を鍛える方法

筋肉をつけたらその分体重が重くなり、ムキムキになるのでは・・・なんて考えている方もいるかもしれません。
筋肉には深層筋(以下、インナーマッスル)と表層筋(以下、アウターマッスル)があります。

先述したムキムキ筋肉は表面に位置するアウターマッスルであり、ダイエットのために鍛えてほしいインナーマッスルは骨格と内臓に一番近い深層部に位置し、細くて軽く脂肪がつきにくくしなやかな筋肉なんです。

『体幹を鍛える』とよく聞きますが、体幹もこのインナーマッスルにあたります。
骨格や関節、内臓などを正しい位置に支える役割を持つので、全身のバランスを整え、姿勢を安定させてくれます。身体が正しい位置になるということは内臓機能を高め新陳代謝を上げることにつながり、ダイエットにも直結していくんですね。

インナーマッスルは疲労しにくく、持久力に富んでいるため、アウターマッスルよりも高い脂肪燃焼効果もあるのです。筋組織が強く筋肉痛が起こりにくいのも特徴で、有酸素運動で鍛えられ、体温を上げることができ、基礎代謝が高まるというメリットばかり。

さあ、そろそろインナーマッスルを鍛えたくなってきたのでは?

鍛えたいインナーマッスル

以下、ダイエットで鍛えたい体幹を作る4つのインナーマッスルを紹介します。
体幹は胴体に位置しています。想像してみて下さいね。

体幹を作る4つのインナーマッスル

骨盤底筋群 内臓を下から支えており、尿道や膣、肛門を引き締める役割を持つ筋肉。
       おしっこを我慢するようにすると引き締まる部分。
横隔膜   呼吸するときに上下する筋肉。
       呼吸するときに感じられる筋肉。
多裂筋   脊柱の両側にまたがる脊柱を支えるための小さな筋肉。 
       背骨に沿って付いている筋肉。
腹横筋   背骨から内臓を囲む筋肉。
       コルセット状に胴体周りにグルリと付いている筋肉。

体幹トレーニング(筋トレ)

先述したように、読んで字の如く身体の深層部に位置し、触ることもできず目にも見えないインナーマッスル。
どうやって鍛えるのかというと・・・『よし、体幹を鍛えよう!』と意気込む必要はありません。
日常の中に取り入れてしまいましょう。

体幹トレーニング(筋トレ)の方法
  1. 背筋をピンと伸ばし姿勢を整える。
  2. ぐっと下腹部を引き締める。腹筋に力を入れてみましょう。おしっこを我慢するように。ついでにお尻の穴もキュッと引き締めて。
  3. 1と2のままの状態で、そこから胸に向かってグッと引き締めていく。大きく呼吸をしてみて下さい。胸に空気を入れ込んで、大きく吐きだすのを繰り返す。

はい、これだけで体幹の上記4つの筋肉が鍛えられます。嘘ではありません。やってみて下さい。
この方法で7kg痩せた人もいるんですよ。

普段使っていないインナーマッスルは意識して刺激を与えるだけで育ってくれる秘密兵器。最初は意識して取り組まなければなりませんが、その内に無意識に体幹トレーニングができるようになります。

普段、ぼけーっとエスカレーターに乗っていませんか?
ATMもだらーっと待っていませんか?
痩せるチャンスです。その数分数秒を意識して体幹トレーニングしてみましょう。

筋肉がつけばそれがダイエットにつながるということ

ダイエットでリバウンドを避けたいのなら、食事の管理とこの体幹トレーニングにトライしてみては?美味しくてバランスの取れた食事は質の良い筋肉を育て、体幹トレーニングでは筋肉を鍛えて代謝を上げ、血液や気の巡りを潤滑にするばかりではなく内臓機能をも高めて身体から老廃物を排出し、エンドレスに脂肪を燃焼してくれるはずです!

そして、ほどよくしなやかな筋肉がついた、姿勢の良い見た目も中身もスレンダーなあなたに出会えること間違いありませんよ。

パーソナルトレーニングジム結局どこがおすすめ?

  • パーソナルトレーニングジム ランキング

    一番安い料金のパーソナルトレーニングジムは?全額返金保証、専属トレーナーのいるジムは?完全個室のジムは?パーソナルトレーニングに関心があっても、どう選んだらいいのかわからないあなた!さまざまな視点で比較し、わかりやすくまとめました。あなたにピッタリのジムがきっと見つかります!
あなたはどのタイプ? ダイエット診断

あなたにピッタリのダイエット

性別

ダイエット
方法

痩せたい
部位

期間

リセット

お悩み解決